宮原徹の日々雑感

渋谷で仮想化している社長の日記です

NVMe SSDケース(10Gbps対応)が届きました

発注しておいたSSDケースが届いたので、早速組み立ててみました。

 

TDBTというメーカーの製品。押し出しでヒートシンクのようになっています。

f:id:tmiyahar:20200506131529j:plain

SuperC!!

本体の他にSSDに貼り付けるヒートシンク(写真中央)もあります。ケーブルはType-CのものとType-Aのものの2本が入っています。

f:id:tmiyahar:20200506131640j:plain

無くしがちなネジなども予備がきちんと入っているのが嬉しい

組み立ては五分程度。入っていたネジ回しでサクサク組み立てられます。SSDのヒートシンクとケースは接するわけではないのですが、それなりに熱は伝わる模様。元々、そんなに連続してヘビーに使うわけではないので、気持ちの問題ですかね。質感はバッチリだと思います。

接続して初期化、そして20GBほど動画のデータをコピーしたところ、100MB/秒以上の性能は出ている模様。商品説明ではMAX450MB/秒の書き込みとは言ってますが、バックアップ的な役目だし、まあ、いいんじゃないですかね。ちゃんと10Gbpsで接続されていますし。

というわけで、データの一時退避先などに気軽に活用していけそうです。