宮原徹の日々雑感

渋谷で仮想化している社長の日記です

プロジェクトマネジメント、ビジネス開発に挑戦する人を募集しています

日本仮想化技術株式会社は第14期を迎え、ますます業務拡大を図ろうとしております。そのような中で、特に外部の企業との最新技術を活用したプロジェクトを推進してくれる人材を募集しています。

我こそは!という方は、是非 recruit@virtualtech.jp までご連絡を。

募集の背景、経緯

日本仮想化技術株式会社は、仮想化技術に特化したコンサルティング・サポートサービスを10年以上提供してきました。近年のクラウドおよび通信インフラの発展に伴い、新たなソリューションの研究開発プロジェクトに対するコンサルティングの要求が高まってきています。これらの新規プロジェクトのマネジメント、およびビジネス開発にチャレンジする人材を募集します。

部署、ポジションの説明

エンタープライズクラウド事業部は、企業における大規模なクラウド基盤構築や利活用、また通信キャリアの新しいインフラ基盤構築を研究開発するプロジェクトを支援するサービスを提供する部門です。
今回募集するビジネス開発担当者は、これらのプロジェクトの企画段階から、技術検証(PoC)、サービスリリースまでのフォローなど、プロジェクト全般に関わるコーディネートを行う役割を担います。

具体的な職務内容

企画立案

顧客側担当者と目指すゴールを共有し、技術情報の収集や選定、PoCによる実証実験などのプランニングを行います。

プロジェクトマネジメント

PoCの実施に関しての進捗管理などを行います。

プロジェクトのフォロー

PoCからのフィードバックを踏まえて、サービスリリースまでのフォロー、さらにサービスの円滑な運用のためのサポートなどを行い、プロジェクト成果の最大化を行います。

やりがい

我々の支援するプロジェクトは、多くが新しい技術を取り入れたもので、先例がほとんど無いものがほとんどです。それだけに困難が伴いますが、最先端技術に触れ、新規性の高いサービスを研究開発することができます。次世代のサービス、インフラの構築にチャレンジできる滅多に無い機会に恵まれることが本ポジションの最大の魅力です。
また、プロジェクトの推進にあたっては、様々なパートナー企業との密接な協業が必要です。プロジェクトの推進を通して、パートナーとのWin-Winの関係を築く必要があります。これらの業務経験を通じて、IT業界における人脈を形成することができます。

必要とされる経験・スキル

IT業界で5年以上の技術的な経験

歓迎される経験・スキル

  • プロジェクトのマネジメントを行ったことがあること(案件規模の大小は問いません)。
  • 英語によるコミュニケーションに苦手意識がないこと(堪能でなくても構いません)。
  • 新しい技術の活用方法に対して想像力が発揮できること。

その他、求められる人材像

自身のキャリア形成に積極的な人。

待遇

職種 技術営業・マーケティング職

雇用形態 正社員

給与 年俸制

勤務地 東京・渋谷

休日・休暇 週休2日制、祝日・年次有給休暇・夏期休暇・年末年始休暇・慶弔休暇

福利厚生 各種社会保険完備、定期健康診断

職場環境

オフィスは渋谷駅東口より徒歩5分、青山方面へ宮益坂を上った場所にあります。青山学院大学や国連大学などがある、静かな文教地区の一角です。

ゆったり1400mm幅の机にアーロンチェア、大型ディスプレイなど、快適な作業環境を確保しています。

社内をaiboが歩いていたり、ドローンやxRゴーグルなど各種最新ガジェットを備えるなど、自由で進取な雰囲気のオフィス空間です。

フリードリンク、マッサージチェア、自由に食べられるおやつなど、快適さと生産性向上に積極的に取り組んでいます。

福利厚生

  • 業務に必要な書籍は無制限に購入できます。
  • 業務に必要なイベント、セミナーは海外も含めて公務として参加できます。
  • (業務に関係ない)雑誌の年間購読制度
  • (業務に関係ない)書籍の購入制度(1万円/年)

会社について

日本仮想化技術株式会社は、日本で初めての仮想化技術に特化したコンサルティング・サポートの提供を目指して2006年12月に設立されました。

これまでに、物理サーバー環境を仮想化集約するP2V移行の支援や、OpenStackによる大規模クラウド環境構築など、様々な実績を残してきました。また、それらの成果を講演や執筆などを通じてオープンに情報発信し、仮想化技術の利用発展に貢献してきました。

現在では、培った仮想化技術への理解を土台に、通信ネットワークの仮想化による様々なソリューションの研究開発、GPUを活用する新しいインフラ技術、クラウドの柔軟さ・俊敏さを活用するための自動化やDevOpsなど、新しい分野への取り組みを行っています。

 

日本仮想化技術株式会社 – 仮想化技術をトータルサポート