宮原徹の日々雑感

渋谷で仮想化している社長の日記です

Amazon Music HDを気軽に聴くにはストリーミング対応したウォークマンがピッタリ

昔からソニー派だ。信者というほどでもないが、ソニー製品は大好きだったし、今も大好きだ。

昔、「キューブリック」の愛称で呼ばれていた「CMT-M1」というコンポがあったのを覚えているだろうか。

www.sony.co.jp

これを使っていた私は、まだ新卒2年目ぐらいなのに、オフィスの自席に持ち込んで、J-WAVEを聴いたり、MDで音楽を聴いたりしながら仕事をしていた。まあ、外資系ソフトウェア会社で当時はまだ自由闊達な雰囲気があったからだろう。

他にも、ウォークマンやらMDウォークマンやらあれこれ使っていた私だが、ここ最近もやっぱりソニー派だ。

前置きはこれぐらいにして、本題に入ろう。

 

Amazon Music HDのハイレゾ音源を気軽に聴くには

このブログのアクセス解析をすると、圧倒的にAmazon Music HDを聴くための情報収集が多い事が分かる。一番アクセスが多いのは以下の記事。

tmiyahar.virtualtech.jp

次に多いのが、Androidで聴く方法。

tmiyahar.virtualtech.jp

そして、このAndroid編の記事、ストリーミング対応したウォークマンを調査したい、というので終わってるんですよね。そして半年放置。本当にすみませんでした。

昨年秋ぐらいにはハイレゾストリーミング対応もきちんとしたみたいなので、そのうち試してみたいと思いつつ2021年。たまに気になってググってみるのですが、あまり確たる記事がなくてモヤモヤしていて、誰かに借りようかと思ったけど、結局8000円キャッシュバックキャンペーンにつられて最終日にNW-ZX507を購入して検証しちゃいました。

 A100にしなかったのは、バランス接続したいから。

 

Amazon Music HD聴くならとりあえずウォークマンは買っておけ

で、結論はタイトルに書いたとおりで、むしろなんで今まで買うか買わないか迷っていたんだろうと。Amazon Music HDを契約してる人はウォークマンは買っておいた方がいい。

 

amzn.to

いろいろ検証して、技術的な面でもある程度こうなってるのかな、という程度には分かったのですが、細かい部分でブラックボックスだったりもするのでその辺については今回は置いておくとして、いくつかのポイントを挙げておきます。

 

ハイレゾストリーミング対応で24bit/192kHzで再生が可能

まず、通常のAndroidだと24bit/48kHzがOSの制約だったのが、OS側の設定でハイレゾストリーミングを有効にすると24bit/192kHzで再生できるようになります。ただ、設定がある場所が少し分かりにくいかな。

OSの「設定」→「音」→「ハイレゾストリーミング」という設定項目が増えています。

Amazon Music HDのUltra HD(ハイレゾ音源)は24bit/96kHzで配信されているものが多いので、サンプリングレートを整数倍(2倍)にしている程度なので、あまり音質に影響は無さそう。ただ最近はビットパーフェクトじゃないと、という人もいるので、そういう人にはごめんなさい。OSの制限で24/192固定なのと、動的に変更ができないので設定を変更するたびにOS再起動が必要になるのがやや難点かな。

あと、HDな音源は16bit/44.1kHzですが、これも24bit/192kHzにコンバートされて再生されます(多分)。44.1→192と整数倍じゃありませんが、じゃあ聴いてそれが分かるかというと私には全然分かりません。少しだけ残念なのが、コンバートしない選択を選んだり、変換をDSEE HX/Ultimateでやれないこと。

というわけで、120%大満足とまではいきませんが、通常のAndroidスマホで聴くより段違いに音は良くなっていると感じます。

音質フィルタが充実

これは以前のウォークマンからそうでしたが、音質を変えるフィルターが充実しています。

・DCフェーズリニアライザー

アナログアンプっぽくする
 
・ダイナミックノーマライザー
曲の音圧を揃えてくれる
 
・バイナルプロセッサー
アナログレコードっぽくする
 
・イコライザー
プリセットで色々遊べる。Amazon Musicアプリにも付いてる。
 
これらを使って好きな音にするもよし、使わずにデジタルな感じで聴くもよし。色々いじれます。
 

適度なサイズ感に全部入り

個人的にツボなのが、手の中にちょうどいいサイズに収まる筐体に「ハイレゾストリーミング対応」と「バランス再生対応」が入っている、というところAndroidだとどう頑張っても24bit/48kHz固定だし、iOSでも必ず外付けDACが必要になるのがコンパクトに全部入り。まさに「ウォークマン」。今まであれこれ頑張って来たのは何だったんだろ・・
 
というわけで、Amazon Music HDを契約してハイレゾ再生を楽しんでいる人なら、ハイレゾストリーミング対応したウォークマンはマストバイだと思うわけです。
 

Big Surに移行した時にフォトストリームが機能しない問題と解決方法

先日、Mac ProにSSDを内蔵させようとして、いろいろあってBig Surに移行することになりました。Big SurはM1 MacBook Proを購入したのでちょこちょことは使っていたんですが、2つほど問題があり、1つがフォトストリームが使えないこと。もう1つはメール.appの使い勝手がイマイチなこと。

前者について、やっぱりiPhoneで写真を撮ってそれをMacでフォトストリームから取り込んでこのブログにアップする事が多いので不便極まりなく、なんとかならんかと試行錯誤して解決を得たので書いておく(多分、普通に検索した限りではこの解決方法?を書いている情報源は無かった)。

 

新しいiCloudアカウントではフォトストリームを使えなくされている件については忘れてください。当たり前ですがBig Sur移行前にはフォトストリームが使えていた、@mac.com時代からの年季が入ったアカウントです。

 

まず大前提として、他の人はBig Surでフォトストリームが使えている、という情報。なんだ、使えるのか。じゃあ、なんで俺は使えないんだ。

写真.appの設定を見ると、あるべきところにフォトストリームのチェックボックスが無い。どうして使えないんだ。

そんな時、調べていたら自分のブログに。改めて読み直してみる。

 

tmiyahar.virtualtech.jp

iCloudのオンオフか。移行アシスタントを使って移行したので、この時点ではチェックが入っている。で、試行錯誤したので細かい手順はもう分からないのだが、Big Surからは以下の手順でフォトストリームを使えるようになる。

 

写真.appの環境設定で「iCloud写真」のチェックボックスを外す

 

これだけ。チェックボックスを外すと、それまで見えなかったフォトストリームのチェックボックスが現れて、チェック出来るようになる。

 

f:id:tmiyahar:20210117235709p:plain

これはフォトストリームを使えるようにした状態。iCloud写真がチェックされていると表示は隠されていて使えないとミスリードされる仕様。以前のバージョンでは排他ではなかった

 

いやいやいや、これは無いだろ。UIのお約束として、ある機能がオンになっているために使えない、設定できない項目は表示するがグレーアウトして使えないようにするのが正しいUI。

で、どうしてこうなっているのかは、あらためて「iCloud写真」のチェックを入れてみると分かる。

 

f:id:tmiyahar:20210117235812p:plain

こちらは選択できないことを正しくグレーアウトで示してくれています

 

そう、無料アカウントではもうiCloud写真は使えない。強制的に有償プランに移行させられます。

まあ、Googleフォトも無制限を止めたし、ストレージ使い放題競争は終わりなんだな・・

Amazonフォトはどうかな、と思って使ってみたけど、無制限なのは相変わらずだけど、微妙に同期でのやり取りは「コレジャナイ」感が溢れていたりして。

今後、ワークフローをどうするかは悩ましい。また有線に戻るのか、我慢して有料プランに移行するか・・

ダイソーで火消し壺のかわりに金属製灰皿を買ってきた

緊急事態宣言も発出されて、ますますオフィスのある渋谷界隈をぶらつくのは無理だな、と感じてます。もちろん、行く時は誰にも接触せずに自転車で行くか、荷物の運搬がある時は車でパッと行って積み下ろしをしてサッと帰ってくる感じで過ごしてます。

休日は車に乗ってアウトドアで、それもできるだけ人と接触しない方に行くわけですが、やることは基本的に焚き火。じっくりと焚き火すると癒されます。

さて、使っている焚き火台はピコグリル 398ですが、自然と燃え残りが真ん中に集まってきて、ほぼ跡形も無く燃えてくれるのですが、それでも僅かな灰と炭が残ります。これを入れる火消し壺が欲しいなと思ったのですが、どれも大きいし高い!(そんなには高くないですが・・)

 

amzn.to

f:id:tmiyahar:20210117225540j:plain

ピコグリルで焚き火。最初なので焚き付けが入ってて多めですが、安定したら薪は少なめでもOK

というわけで、近所のダイソーに買い出しに。ネットで調べると残り油を入れるオイルポットがお勧めみたいでしたが、残念ながら置いてなかったので、他に何か無いかなと思って探したら、金属製の灰皿があるじゃないですか。

f:id:tmiyahar:20210117225651j:plain

直径10センチ強とコンパクト

色々な色、デザインがありましたが、一番シンプルなシルバーにしました。焼けてきてしまった時に様子が分かりますしね。

f:id:tmiyahar:20210117225752j:plain

中の様子。灰皿ですから

底が2重になっているので、灰と消し炭に自然と分けてくれそうです。基本的に消えた状態の消し炭と灰を入れるつもりですが、多少火が残っていても外側の缶に直接触れることは無さそうですし、四角もありましたが歪みが出そうだったので丸にして、それなりに密閉もできそうです。

今のところまだ消えていない炭を入れることはありませんが、きちんと灰を入れる役目は果たしてくれたのでした。良い感じの火消し壺を探している方の参考になれば幸いです。

レコード針 DL-A110を買ってみた

昨年はオーディオセットを組むところに集中していたこともあって、細かくやり残したことがいくつかあります。そのうちの一つがレコード針の交換。

今使用しているSL-1500Cの標準の針に不満があるということではなく、針交換でどう音が変わるのかを確かめてみたいなと。

一時期絶滅に瀕したレコード針ですが、今では新製品も出てくるなど、それなりに動きがあるようですが、あれもこれも試すほどではないので、これぞという1本を買おうかと。

色々調べて見ると、デノンのDL-103が面白そうなので、購入しようかなと思っていたところ、110周年記念モデルとしてDL-A110というものがあるようなので、こちらにしてみました。

 

DENON MC型カートリッジ DL-103

DENON MC型カートリッジ DL-103

  • 発売日: 1970/04/01
  • メディア: エレクトロニクス
 

 こちらはDL-103

 

www.denon.jp

DL-A110はこちら。

 

まだ届いたばかりなので開封しただけですが、きちんとしたケースに入っていたりするところが嬉しいですね。

 

f:id:tmiyahar:20210104191751j:plain

ケースに入ったDL-A110。専用清掃ブラシ付き

 

あらためて、針交換して音の変化を楽しんでみようと思います。

 

HDMI音声を光ケーブルや同軸ケーブルに変換してみた

タイトルの通りですが、HDDレコーダーの映像は液晶モニターに、音声をDACからスピーカーに出すために変換してみました。

普通に使うだけなら光ケーブル変換で十分なんですが、同軸に出して他のDACに繋いだりする使い方もあるので、両方出せるものを選びました。

 

 

ARC未対応ということで、リビングのテレビであれこれ試行錯誤してみたけど、結局NG。

本命のデスクトップ側に持ってきます。

f:id:tmiyahar:20210102190621j:plain

光ケーブルでSonica DACに接続

私の使っているソニーのレコーダーは音声のみ出力するポートがあるので、そちらに繋ぐと自動的に認識して、きちんと音声が出るようになりました。

このようなポートが無い、パススルーで対応したい場合には、ちょっと値段が上がりますが、こちらの商品も良いかもしれません。4K HDR対応、HDCP 2.2対応なので、映像もしっかりというならこちらですね。

 

 

以上、同じ様なことをしたい方の参考になれば幸いです。