宮原徹の日々雑感

渋谷で仮想化している社長の日記です

Amazonの初売りで買うならJackeyのバッテリーとソーラーパネルかな

今日1月2日からAmazonの初売りが始まりましたね。

チラッと見てみましたが、今のところ新しく買いたいと思えるものは無かったですね。

昨年買ったJackeryのバッテリーとソーラーパネルが安くなっていたので、お勧めしちゃいます。

 

 

Jackeyのバッテリーは容量や出力がいくつかありますが、高いですがこの1000がやっぱりおすすめ。この前買った時よりさらに安くなってて軽く凹む。

出力1000Wなので、色々な家電製品が使えますね。今は日中充電して、その電力でIHヒーターでお湯を沸かしてコーヒーを淹れる、という使い方をしています。

使っているのはハリオのコーヒー用IHヒーターです。

 

f:id:tmiyahar:20210102163251p:plain

 

ドリップケトル用温度調節IHヒーターwww.hario.co.jp

このヒーター、温度設定ができるがポイント。ただ、設定温度より実温度は低めになるので、そのあたりは気をつける必要がありそうです。使っているのが月兎のホーローポットなのも影響してるかな?

 

バッテリーの容量が大きいので、ソーラーパネルは2枚欲しいところ。

 

 

このパネルを2枚、並列接続用ケーブルで接続して、最大で130Wぐらいで充電できます。

 

 

毎日、朝起きたらパネルを出して充電をするのが日課になりつつあります。地味に楽しいですよ。

購入したスペーシアギアについてもう少し詳しく書いてみる

 さて、「輝け!今年買って良かったベスト10 2020年」で見事第1位に輝いたスペーシアギアですが、詳細についてもう少し書いておこうと思う。これからスペーシアギアを購入しようとする人の参考になれば幸いです。

 

どれを買ったの?

2WDのターボを買いました。元々スペーシアギアはあまりグレード設定がないので、2WDか4WD、自然吸気かターボかしかありません。

4WDにも興味があったんだけど、雪道とか怖くて走らないので特に不要ということで2WDに。

エンジンは長距離走行も想定していたのでターボにしました。

今年の前半ぐらいから購入検討していたのだけど、いくつかの店に見積もり取っていたら8月にマイナーチェンジあるよ、と教えてもらって待つことに。そこから発注したので、結局納車は11月頭になっちゃいましたけどね。でも、アダプティブクルーズコントロールが付いたので、これは待って正解でした。この件は別途書きたいと思います。

色はモデルのイメージカラーである黒と黄色のツートン。見つけやすいので、他の車にぶつけられたり、待ち合わせなどの時にもメリットがあります。ピカチュウみたいで可愛いですよ。

オプションは?

ヘッドアップディスプレーと全周囲カメラが使いたかったので付けました。全周囲カメラを使うには対応したカーナビを付けないといけないので、対応している中で一番安いパナソニックのカーナビを付けました。これは5万円ほどお値引きしてくれたので、それなりに安かったので必要経費だと思うことに。

カーナビについて

カーナビとしていつも使うことはないのですが、音楽のコントロールセンターとしてBluetoothで接続したiPhoneの楽曲情報を表示させたり、Googleマップと違う縮尺で地図を表示したり、高速を走っている時はサービスエリアまでの距離などを表示してくれるなど、iPhoneとの組み合わせで補完的な役割を担ってくれているので、これはこれでアリかと思っています(コスパめっちゃ悪いですが)。しかし、このあたりを見ていると、日本のカーナビ業界の衰退が感じ取れます。

ETCは未装備

ETCは付けていません。純正だとめっちゃ高いから。パナソニックの社外品が取り付けられるみたいなので、そのうち取り付けたらいいかなと思っています。

ヘッドアップディスプレーは当たり

ヘッドアップディスプレーは、これも付けて良かったと思います。スペーシアギアは結構シートポジション高めに感じるので、ハンドル側の速度メーターなどを見るのは視線移動が大きいです。HUDなら基本的に前をずっと見ていられるので、安全だし楽です。下を見るのは、発車時の警告灯の状態を見たり、ガソリン残量を見たり、燃費を見たりする時ぐらいでしょうか。

全周囲カメラはあると嬉しい

全周囲カメラは、駐車したり、狭い場所の時に前方も見れたり、それなりにメリットはあります。無くても大丈夫だけど、あると嬉しい感じですね。

オプションは付けた方がいいと思う

このあたりのオプションは高く感じられるかもしれませんが、満足度は高いと、後付けできないので、購入するときは前向きに検討してもらうといいと思います。

 

基本的に車をどんどんカスタムしていくよりも、シンプルに使いたい方なのであまりゴテゴテと後付けで物を買ったりはしていないのですが、必需品と思われるものについて、またあらためて買いていこうと思います。

 

2020年 買って良かったベスト10 第1位 スペーシアギア

今年購入して良かったベスト10、第1位はスペーシアギアです。

www.suzuki.co.jp

アウトドアを楽しむための移動・運搬手段として、また昨年の台風などを見て災害時のシェルターとして、さらにはコロナ禍における移動手段としても、車の購入を検討していました。いろいろと見ていた中で、実用性と見た目のバランスでスペーシアギアを選択しました。

記憶を辿ると、多分出立ての頃に新大阪駅のコンコースに置かれていて、それを見ていいなあと思ったのが最初?さらに元々軽自動車が好きで、買うなら小回りの利く車がいいなあと思っていたのもあります。

先日は10日ほどかけて西日本を一周してきたりと、さっそく活用しております。来年はこいつで密を避けながら、色々なところを回って来れたらと思っています。

というわけで、2020年買ってよかったベスト10でした。

2020年 買って良かったベスト10 第2位 Mac Pro

今年購入して良かったベスト10、第2位はMac Proです。

www.apple.com

基本的にMacはお仕事の道具なので、常に使いやすいものを購入しています。Mac Proの直前はMacBook Pro 16インチでした。Mac ProもPowerMac G4の頃から基本的に最上位機種を使い続けてきていて、もちろんゴミ箱Mac Proも購入、オフィスで使用していました(CPUは自分で換装して未だに現役)。

最新のMac Proは、購入は検討したものの、自分の仕事にはオーバースペックなのと、価格がそう安くはないので見送っていましたが、4月にオープンソースカンファレンスをオンラインで始めた時に、Zoomでのライブ配信、YouTubeチャンネルへのアップロードのためのトランスコーディングなど、動画関係にそれなりにパワーが必要なことが分かったので急遽購入しました。とはいえ、そこまでパワーが必要なわけでもないので、一番安い構成に、メモリチャネルの高速化のためにメモリを1枚追加、GPUは少し足すだけでアップグレードできたのでAMD Radeon Pro W5700X 16GBに変更しました。本当はAfterburnerに期待していたのですが、再生にしか使えないと分かって見送り。まあ、あとから追加することもできるしね。

購入して良かったことは、まずはパワー。バックグラウンドでトランスコーディングしながら、普通に業務ができるのは快適。あとは静音性。大型筐体+大型ファンでの冷却なので、夏場でもまったく唸らない。というか、音が全然しない。机の下に置いているので、その存在を忘れるぐらいの静粛性です。

これはオマケに近いですが、Boot CampでWindows 10をインストールして、MSフライトシミュレータが快適に動作したのも嬉しいポイント。最近、忙しくて全然飛べていませんが。

普通に使う分にはちょっと高いかな、と思われるかもしれませんが、動画作業をするなら、こんなにコスパのいい機種は無いと思われます。そういう意味で、思い切って購入して正解でした。

2020年 買って良かったベスト10 第3位 EOS R6

今年購入して良かったベスト10、第3位はEOS R6です。

 

 

EOS 650が発売された1987年、高校入学のお祝いとして購入してもらい、高校では写真部に入って写真を撮りまくっていたのでした。それ以来のキヤノン使いで、最近だとEOS 5D mk3を使っておりましたが、EOS Rは出る時に買うぜ!と思ったのですが、実機を触ってみて「コレジャナイ」と感じてしまい見送ること幾星霜。やっとRFマウントで買ってもいいな、と思える機種が出てきました。

EOS R5と比較したのですが、R6にしたのは上面右部分。R5だとパネルで各種情報を表示していますが、R6はモードダイヤルが付いています。モード切替をダイヤルで行うの、地味に便利なんですよね。最近は色々なモードが付きすぎて、ダイヤル表記が大変な事になってますけど・・

R5は右上のMODEボタンを押した後、メインダイヤルを廻すことでモード切替となっていますが、地味に使いにくい。2アクションであることと、特にMODEボタンの位置が悪い。そんなに頻繁にモードを切り替えない分、簡単かつ戻し忘れなども無いようにしたいのだけど、上面パネルの表記も読み取りにくいし、これ絶対間違える奴だ。

最近のデジカメはとにかく機能が豊富すぎて、ボタンとダイヤルの組み合わせでとにかくあれもこれもやらせようとしすぎだけど、操作系はなるべくシンプルにして、撮影中に変更する可能性が高いもののみ素早く確実に変更可能に、それ以外はクイックメニューで変更できるようにして欲しいところ。EOS R5/R6は3ダイヤル+マルチコントローラーでそれなりに操作系は充実しているのだけど、そのあたりの整理がまだうまく付いていない印象が残ってる。機能の豊富さばかり競うのではなく、道具としての使い勝手にもっともっと集中して欲しいな、と思ったり。

さて、品薄が続くEOS R5/R6ですが、たまたま入手できたこともあって、まだRFレンズはキットレンズだけだし、マウントコンバーターもサードパーティー製のものを入手しただけで、かつあまり撮影に持ち出す機会もない状態ですが、早くこれであれこれ撮れるようになるといいなと思いながら、この辺で。