宮原徹の日々雑感

渋谷で仮想化している社長の日記です

2020年 買って良かったベスト10 第2位 Mac Pro

今年購入して良かったベスト10、第2位はMac Proです。

www.apple.com

基本的にMacはお仕事の道具なので、常に使いやすいものを購入しています。Mac Proの直前はMacBook Pro 16インチでした。Mac ProもPowerMac G4の頃から基本的に最上位機種を使い続けてきていて、もちろんゴミ箱Mac Proも購入、オフィスで使用していました(CPUは自分で換装して未だに現役)。

最新のMac Proは、購入は検討したものの、自分の仕事にはオーバースペックなのと、価格がそう安くはないので見送っていましたが、4月にオープンソースカンファレンスをオンラインで始めた時に、Zoomでのライブ配信、YouTubeチャンネルへのアップロードのためのトランスコーディングなど、動画関係にそれなりにパワーが必要なことが分かったので急遽購入しました。とはいえ、そこまでパワーが必要なわけでもないので、一番安い構成に、メモリチャネルの高速化のためにメモリを1枚追加、GPUは少し足すだけでアップグレードできたのでAMD Radeon Pro W5700X 16GBに変更しました。本当はAfterburnerに期待していたのですが、再生にしか使えないと分かって見送り。まあ、あとから追加することもできるしね。

購入して良かったことは、まずはパワー。バックグラウンドでトランスコーディングしながら、普通に業務ができるのは快適。あとは静音性。大型筐体+大型ファンでの冷却なので、夏場でもまったく唸らない。というか、音が全然しない。机の下に置いているので、その存在を忘れるぐらいの静粛性です。

これはオマケに近いですが、Boot CampでWindows 10をインストールして、MSフライトシミュレータが快適に動作したのも嬉しいポイント。最近、忙しくて全然飛べていませんが。

普通に使う分にはちょっと高いかな、と思われるかもしれませんが、動画作業をするなら、こんなにコスパのいい機種は無いと思われます。そういう意味で、思い切って購入して正解でした。

2020年 買って良かったベスト10 第3位 EOS R6

今年購入して良かったベスト10、第3位はEOS R6です。

 

 

EOS 650が発売された1987年、高校入学のお祝いとして購入してもらい、高校では写真部に入って写真を撮りまくっていたのでした。それ以来のキヤノン使いで、最近だとEOS 5D mk3を使っておりましたが、EOS Rは出る時に買うぜ!と思ったのですが、実機を触ってみて「コレジャナイ」と感じてしまい見送ること幾星霜。やっとRFマウントで買ってもいいな、と思える機種が出てきました。

EOS R5と比較したのですが、R6にしたのは上面右部分。R5だとパネルで各種情報を表示していますが、R6はモードダイヤルが付いています。モード切替をダイヤルで行うの、地味に便利なんですよね。最近は色々なモードが付きすぎて、ダイヤル表記が大変な事になってますけど・・

R5は右上のMODEボタンを押した後、メインダイヤルを廻すことでモード切替となっていますが、地味に使いにくい。2アクションであることと、特にMODEボタンの位置が悪い。そんなに頻繁にモードを切り替えない分、簡単かつ戻し忘れなども無いようにしたいのだけど、上面パネルの表記も読み取りにくいし、これ絶対間違える奴だ。

最近のデジカメはとにかく機能が豊富すぎて、ボタンとダイヤルの組み合わせでとにかくあれもこれもやらせようとしすぎだけど、操作系はなるべくシンプルにして、撮影中に変更する可能性が高いもののみ素早く確実に変更可能に、それ以外はクイックメニューで変更できるようにして欲しいところ。EOS R5/R6は3ダイヤル+マルチコントローラーでそれなりに操作系は充実しているのだけど、そのあたりの整理がまだうまく付いていない印象が残ってる。機能の豊富さばかり競うのではなく、道具としての使い勝手にもっともっと集中して欲しいな、と思ったり。

さて、品薄が続くEOS R5/R6ですが、たまたま入手できたこともあって、まだRFレンズはキットレンズだけだし、マウントコンバーターもサードパーティー製のものを入手しただけで、かつあまり撮影に持ち出す機会もない状態ですが、早くこれであれこれ撮れるようになるといいなと思いながら、この辺で。

 

2020年 買って良かったベスト10 第4位 オーディオセット

今年購入して良かったベスト10、第4位はオーディオセットです。

色々と買いすぎたのだけど、そもそもきちんとセットを組むぞ、ということで時間をかけて構築していったので、一括りにしました。個別の感想はまたゆっくりと書いていきたいと思います。

 

f:id:tmiyahar:20201229165153j:plain

大体できあがったオーディオシステム。この後スピーカーケーブルやらなら何やら変えたりはしてるけど

アンプはマランツのMODEL 30

一番悩んだのがアンプ。最終的に、これの前に使っていたNR1200と同じマランツのMODEL 30にしました。対抗馬はアキュフェーズだったのだけど、そちらはまたそのうち別途ということで。

www.marantz.jp

プレイヤーはSACD30n

アンプが決まると、プレイヤーは自動的にSACD30nがセットに。CD再生もちゃんとしたかったのと、ネットワークプレイヤーとしての使用だけでなく、USB-DACも付いてくるのでマルチに使えます。

www.marantz.jp

MODEL 30とリモコンが一緒だったり、ケーブルで繋げば電源を連動してくれたり、いろいろと使いやすい。

でも、HEOSは本当にどうにかして欲しい。Amazon Music HDでUltra HD音質で聴こうとすると純正アプリを使うしかないけど、動作が重いし、マイミュージックが参照できないなど使い勝手が悪すぎ。かといってAmazon Musicアプリ+AlexaだとHD音質でしか再生できない問題は相変わらず。この機能に期待して買う人も沢山いるので、本当にどうにかして欲しい(大事なことなので2回)。

f:id:tmiyahar:20201229165110j:plain

上がSACD30n、下がMODEL 30。買っていきなりファームウェアアップデートあるある

スピーカーはDS-4NB70

これは発売前からオーディオイベントで聴いたりなんだりしていて、そのうち買おうと思っていたので。たまたま激安で新品を購入できたのも大きい。

www.mee.co.jp

スピーカースタンドは純正(ティグロン)と吉田苑さんのものの間で悩んだけど、とりあえず吉田苑さんのを発注。タッチの差で在庫が無くなってしまい、1ヶ月ぐらい待つことになったのだけど。見た目がスッキリしてて気に入ってる。注文する時、どのスピーカーで使うのか言うと穴位置を調整してくれるので注意。

http://www.yoshidaen.com/thebasemk2.html

 

アナログプレーヤーはSL-1500C

最近アナログレコードが復権しつつあるようだけど、ご多分に漏れず私も購入。

 

ダイレクトドライブターンテーブルシステム

ダイレクトドライブターンテーブルシステム

  • メディア: エレクトロニクス
 

 

お値段も手頃で、使いやすいので気に入ってる。レコード自体も、ヤフオクなどで昔のレコードが500円〜1000円ぐらいで買えるので、昔聴いてたものなどを中心に。新規に発売されるものも買ったりして、まあまあ揃ってきたかなというところ。今後、少しずつ増やしていく予定。

 

ざっと紹介したシステムで、結構日常的にあれこれ聴いています。座ってジックリ聴くこともあるけど、いい感じの音が流れている状況も好きなので、システム的にはかなり満足のいく構成になったのではないでしょうか。

 

2020年 買って良かったベスト10 第5位 サラウンドヘッドホン XP-EXT1

今年購入して良かったベスト10、第5位はサラウンドヘッドホン XP-EXT1です。

 

 

以前は5.1chのサラウンドシステムを組んだりしていましたが、リビングのオーディオ環境はジワジワと変更しつつあります。そうすると映画視聴環境が激弱になってしまいます。コロナの影響と関係なく、ほとんど映画館で映画を観ないので、自宅に4Kシステムを構築しました。昔の映画をアナログマスターから4KにリマスタリングしたUltra HD Blu-Rayがいくつも出てきています。

 

 

一方で、ドルビーアトモスなど、より空気感が感じられそうなサラウンド音声規格も出てきているわけですが、これらはスピーカー設置も大変そう。というわけで、ビクターのEXOFIELDには大注目しておりましたが、ついに製品が出た!というわけで発表当日に予約してしまったわけです。

 

www.victor.jp 

これまではソニーのバーチャルサラウンドヘッドホンを使っていましたが、あまりサラウンド感を感じられませんでしたが、XP-EXT1はかなりのものです。技術の進歩は凄い!

最大の難点は、今年の後半は忙しくてゆっくりと映画を観たりしている時間が取りにくくなってしまったこと。観たいタイトルが何本も積んだ状態になっているので、年末年始に消化しようと思います。

 

2020年 買って良かったベスト10 第6位 電動アシスト自転車 TB-1e

今年購入して良かったベスト10、第6位は電動アシスト自転車 TB-1eです。

 

 

コロナの影響で電車に乗るのも避けよう、ということで3月下旬に購入。オフィスまで行くのに大活躍してくれました。自宅からオフィスまで1時間弱ですが、特に往路は激しい坂道が3箇所(多摩川の崖、代官山、渋谷の谷)あり、通常の自転車ではかなりしんどいのですが、坂道でもスイスイ行けるありがたい自転車です。

特に楽しいのが回生充電で、坂道などを下るときにバッテリーに充電してくれるので、たまに充電するだけでOKなのが嬉しいところ。オフィスとの間は往復24キロというところですが、4往復、100キロ弱走ったら充電するイメージでしょうか。

今年の仕事を支えてくれた1台です。