宮原徹の日々雑感

渋谷で仮想化している社長の日記です

WH-1000XM2とWH-1000XM4を聴き比べ

買うべきか、買わざるべきか、それが問題だ。

悩んでいましたが、買ってから後悔、という格言に従い、事前予約して発売日に入手したWH-1000XM4を、これまで使っていたWH-1000XM2と比較レビューします。

 

 

以下は聴き比べた上での結果を踏まえた記述。
常用するのはiPhoneとの組み合わせなので、あえてiPhoneとAAC接続。

WH-1000XM2

音質としてはフラットな感じ。味付け少なめが好きな自分としては好みの音。ただ、特に低音でパンチ力は弱く感じる。

だいぶ使ったせいか、バンド圧低めに感じる。圧迫感が苦手な人はこれぐらいがいいかも。

DSEE HXは効果を感じにくい。切り替えてもあまり変わらない。効いてるのかな?

 

WH-1000XM4

音質としてはやや低音強調。でも、中高音域もちゃんと出てるので解像度が高い。今までのノイズキャンセリングヘッドホンだから、という感じが無くなっている。

新品なせいもあるけど、バンド圧が高い。特に下側。挟まれてる感じが強い。そのうち緩むかな?

DSEE Extremeは凄く効いている。音が伸びている感じ。ストリーミング系でのリスニングが多くなる組み合わせなので嬉しいところ。

イコライザーはExcitedがいい感じです。

 

ノイズキャンセリング性能について

ノイズキャンセリング性能も上がったというけど、自室内のファン騒音程度の違いではそこまでの差は感じない。そもそも、NC効きすぎなのは音質に影響与えすぎるのであまり好きじゃないしね。

 

外観

質感はXM4がよくなった。でも、XM2のシボの感じが実は好き。ボタン位置がズレてちょっと使いにくくなったかな。付属のType-C口になったケーブルは、もう少しだけ長いと嬉しいかも。

 

まとめ

というわけで、違いは結構感じる。でも、XM2がちゃんと使えるのにあえて買い換えるか?というと、少しでも音質をよくしたい人向けかな、という感じ。もちろん、メインNCヘッドホンはXM4に交代ですが。

 

バーチャルサラウンドヘッドフォン XP-EXT1 が凄い

リビングのメイン環境はNR1200で2chにしてしまい、サラウンド感があるものといえば古くなったソニーのバーチャルサラウンドヘッドフォンぐらいでしたが、注目していたEXOFIELD技術を採用したバーチャルサラウンドヘッドフォン「XP-EXT1」が出たので発表と同時に予約、発売日の8月8日(土)に手に入れてあれこれ試してみました。所感を少し書いておこうかと思います。

 

 

セットアップに少しだけ苦労

EXOFIELDの特長である定位感を調整するために、事前にセットアップが必要です。本体とヘッドフォンをケーブルで接続して調整するのですが、スマホアプリで調整しようとしてもエラーが出ます。あれこれ試したところ、どうも接続ケーブルが堅いらしく、挿したと思ったらしっかりと入っていないようでした。

でも、1回設定すれば大丈夫なので、ここさえクリアすればOKです。

静かな環境で測定ということなので、音を出すエアコン、扇風機、ワインセラーも止めて、測定しました。

 

Dolby Atmosで臨場感ある音響空間が体感できる

なんか宣伝文句的な見出しですが、ひと言で言えば「買い」だと思います。高いけど。

まずはオマケについてきた「ボヘミアン・ラプソディー」を試してみましたが、ライブエイドのシーンなど、臨場感あります。逆にDolby Atmosではない状態で再生すると、やっぱり差があるなと感じます。

でも、通常のBlu-rayの5.1chなども、かなり良い感じです。未見だった「ワイルド・スピード」も、迫力あるドライブシーンなどかなり音として楽しめました。重低音が欲しいわけではないので、バッチリですね。

 

というわけで、金額的には高く見えますが、これだけの音が楽しめるなら安い買い物だと私は感じました。多分、体感してみないと分からないところもあると思うので、機会があれば是非試してみて欲しいですね。

今日で今期も終わりです

うちの会社は7月末が期末です。世間一般には3月末が期末の会社さんが多いですが、会社を設立する際に税理士さんと相談して、世間一般の会社の決算が終わった後にしてくれた方がゆっくり決算処理ができて良い、という風に言われて、特別なこだわりもないので7月末決算としました。

 

決算期をずらすメリット

決算期がずれていることのデメリットはあまりありませんが、メリットならいくつかあります。

・税理士さんに決算処理をじっくりと対応して貰える

複数の会社が同時に決算となると、税理士さんも大忙しです。ピークを外せるので、細かく決算処理の対応をしていただけます。

・他者の期末処理の忙しさに巻き込まれない

とかく期末になると、早めに数字を確定するため、「3月15日までに請求書ください」「3月21日までに検収上げられるように納品してください」と言われることが多いです。ここにさらに自社の期末処理まで重なったら大忙しになるので、ここもピークを外してゆっくりと対応できます。余裕を持ってお取引できるメリットはかなり大きいです。

 

他にも多少はあるのですが、特に大きいのはこのように忙しいピークをずらせるところにあるように思います。ここは正直、税理士さんのアドバイスに従っておいて良かったと思います。多分、見えないデメリットもあるのかもしれませんが、20年近く会社を経営してきて感じていないので、私には関係ないのでしょう。

 

というわけで、これから会社を設立しようとする人がいたら、決算期は4月〜3月にしなくてもいいんですよ、とアドバイスしてあげられたらと思います。でも、そもそもやりたいことがあるなら、自分の会社を作るのはお勧めしないですけどね。

自転車通勤で見えてくるもの

今日も自転車通勤でオフィスに出てきました。

私の自宅から渋谷のオフィスまで12キロ強。これを大体48分ぐらいで走っています。多摩川を渡り、二子玉川から駒沢通りに入ります。延々とアップダウンをこなしながら、通りの一番端から端まで走りきればオフィスはすぐ目の前です。

生活道路に毛が生えた程度の道なので、結構信号が多いです。適度にインターバル走になるので、給水などもしやすいのがいいですが、停車している車が自転車のことを考えずに左に幅寄せ気味になっていたりすると面倒なのが難点でしょうか。

 

自転車乗りのマナーを少し考える

生活道路に近いので、多種多様な人が自転車に乗って走っています。ガチのロード乗りみたいな人がいないのがありがたいです。走っている人を見ていると、きちんと信号を守って停車する人は少なくて、結構な人が信号無視して走って行きます。もちろん、横から車が出てくることは少ない道路ですが、それでも万が一ということがあります。どんなに自転車側が悪かったとしても、自動車運転側にも某かの責任がかかったりなんだりするでしょうから、本当に怖いなと思います。

以前はそういうマナーの悪いのを見てイラッとすることも多かったのですが、最近は自分のペースで走る事を心がけられるようになりました。平常心であることの修行のような状態でしょうか。

 

色々なお店が出来たり、無くなったり。

ここ4ヶ月ほどで、色々な店が出来たり、無くなったりしています。時間帯によって開いてなかった店が開いていたり、閉じてしまっていたりも。入ってみたいと思える店も無くはないですが、今は健康第一。この状況が落ち着いたら、あらためてゆっくりと見てみたい気がします。

 

今日はパニエバッグに大量のワイン、ビール、野菜ジュースなど、オフィスに置き去りにされていた飲み物を持ち帰ってきました。以前に比べて格段に積載量が増えたので、オフィスとの間の荷物移動も捗りますね。

オンライン会議の際にメガネが青光りするのを防ぐ簡単な方法

全国7500万メガネ利用者(和真調べ)の皆さま、こんにちは。

 

メガネ業界と和真|株式会社和真 新卒採用サイト WASHIN RECRUITING SITE

 

オンライン会議の際、ブルーライトカットのメガネが青光りして困っていませんか?液晶モニターのバックライト、どんだけブルーライト出してるんだよと感心しますよね。

普段はこれでいいんですが、オンライン会議の際、やたらとメガネが青く光って困りませんか?私もたまにはビジネスでオンライン講師などを務めますので、そのような際にはできるだけ綺麗に写るよう、グリーンバックで綺麗にクロマキー合成してバーチャル背景を使ったり、ライティングにも気を遣いますが、この「メガネ青光り現象」はなかなか対策が見出せませんでした。

そして今日、ふと思い立って行った方法が非常に効果的だったので、ご紹介します。

 

macOSのNight Shiftを使おう

見出しの通りです。Night Shiftは、画面側の色調を調整して、ブルーライトが出なくする仕組みです。

通常は時間帯で制御され、夜眠くなるようにするものですが、これを手動で設定することで「メガネ青光り現象」を軽減することができます。

f:id:tmiyahar:20200729162101p:plain

これぐらいに調整してみました

「手動」のところにチェックを入れて、あとは色温度を調整します。画面が1枚しかないと、色合いのバランスが掴めないので、外付けモニターを用意するといいでしょう。私はSidecarでiPad Proに自分のカメラ映像を出して、色調を調整してみました。

 

効果はこんな感じ

オンオフで写真を撮ってみました。

 

f:id:tmiyahar:20200729163322p:plain

f:id:tmiyahar:20200729163326p:plain

上:Night Shiftオフ 下:Night Shiftオン

 

オフだと顔も少し青白くなり、オンだと肌色が乗ってきているのが分かるでしょうか。メガネ青光りも抑制されています。

ただ、あまり暖色にし過ぎると、顔が黄色くなるのと、画面が黄色くなりすぎて表示の色が正しく認識できなくなるので、うまく調整してみてください。

 

ライティングで顔色を良くしましょう

上の写真は効果を分かりやすくするためにライティングを最小限にしていますが、実際にはライトを追加で当てるようにしています。その際の色温度も気にして欲しいところ。いわゆる「女優ライト」は白飛びさせる傾向が強いので、個人的にはあまりお勧めできません。

汎用的なデスクライトで、色再現性が高いものとして以下のものをお勧めしています。

 

 

これのいいのは、ただのデスクライトとして読書などに使えたり、このブログでも活用していますがブツ撮り用の簡易ライトとしても活躍してくれています。

 

やりすぎず、でも簡単なことで高い効果を得られますので、是非お試しください。