宮原徹の日々雑感

渋谷で仮想化している社長の日記です

自転車通勤で見えてくるもの

今日も自転車通勤でオフィスに出てきました。

私の自宅から渋谷のオフィスまで12キロ強。これを大体48分ぐらいで走っています。多摩川を渡り、二子玉川から駒沢通りに入ります。延々とアップダウンをこなしながら、通りの一番端から端まで走りきればオフィスはすぐ目の前です。

生活道路に毛が生えた程度の道なので、結構信号が多いです。適度にインターバル走になるので、給水などもしやすいのがいいですが、停車している車が自転車のことを考えずに左に幅寄せ気味になっていたりすると面倒なのが難点でしょうか。

 

自転車乗りのマナーを少し考える

生活道路に近いので、多種多様な人が自転車に乗って走っています。ガチのロード乗りみたいな人がいないのがありがたいです。走っている人を見ていると、きちんと信号を守って停車する人は少なくて、結構な人が信号無視して走って行きます。もちろん、横から車が出てくることは少ない道路ですが、それでも万が一ということがあります。どんなに自転車側が悪かったとしても、自動車運転側にも某かの責任がかかったりなんだりするでしょうから、本当に怖いなと思います。

以前はそういうマナーの悪いのを見てイラッとすることも多かったのですが、最近は自分のペースで走る事を心がけられるようになりました。平常心であることの修行のような状態でしょうか。

 

色々なお店が出来たり、無くなったり。

ここ4ヶ月ほどで、色々な店が出来たり、無くなったりしています。時間帯によって開いてなかった店が開いていたり、閉じてしまっていたりも。入ってみたいと思える店も無くはないですが、今は健康第一。この状況が落ち着いたら、あらためてゆっくりと見てみたい気がします。

 

今日はパニエバッグに大量のワイン、ビール、野菜ジュースなど、オフィスに置き去りにされていた飲み物を持ち帰ってきました。以前に比べて格段に積載量が増えたので、オフィスとの間の荷物移動も捗りますね。

オンライン会議の際にメガネが青光りするのを防ぐ簡単な方法

全国7500万メガネ利用者(和真調べ)の皆さま、こんにちは。

 

メガネ業界と和真|株式会社和真 新卒採用サイト WASHIN RECRUITING SITE

 

オンライン会議の際、ブルーライトカットのメガネが青光りして困っていませんか?液晶モニターのバックライト、どんだけブルーライト出してるんだよと感心しますよね。

普段はこれでいいんですが、オンライン会議の際、やたらとメガネが青く光って困りませんか?私もたまにはビジネスでオンライン講師などを務めますので、そのような際にはできるだけ綺麗に写るよう、グリーンバックで綺麗にクロマキー合成してバーチャル背景を使ったり、ライティングにも気を遣いますが、この「メガネ青光り現象」はなかなか対策が見出せませんでした。

そして今日、ふと思い立って行った方法が非常に効果的だったので、ご紹介します。

 

macOSのNight Shiftを使おう

見出しの通りです。Night Shiftは、画面側の色調を調整して、ブルーライトが出なくする仕組みです。

通常は時間帯で制御され、夜眠くなるようにするものですが、これを手動で設定することで「メガネ青光り現象」を軽減することができます。

f:id:tmiyahar:20200729162101p:plain

これぐらいに調整してみました

「手動」のところにチェックを入れて、あとは色温度を調整します。画面が1枚しかないと、色合いのバランスが掴めないので、外付けモニターを用意するといいでしょう。私はSidecarでiPad Proに自分のカメラ映像を出して、色調を調整してみました。

 

効果はこんな感じ

オンオフで写真を撮ってみました。

 

f:id:tmiyahar:20200729163322p:plain

f:id:tmiyahar:20200729163326p:plain

上:Night Shiftオフ 下:Night Shiftオン

 

オフだと顔も少し青白くなり、オンだと肌色が乗ってきているのが分かるでしょうか。メガネ青光りも抑制されています。

ただ、あまり暖色にし過ぎると、顔が黄色くなるのと、画面が黄色くなりすぎて表示の色が正しく認識できなくなるので、うまく調整してみてください。

 

ライティングで顔色を良くしましょう

上の写真は効果を分かりやすくするためにライティングを最小限にしていますが、実際にはライトを追加で当てるようにしています。その際の色温度も気にして欲しいところ。いわゆる「女優ライト」は白飛びさせる傾向が強いので、個人的にはあまりお勧めできません。

汎用的なデスクライトで、色再現性が高いものとして以下のものをお勧めしています。

 

 

これのいいのは、ただのデスクライトとして読書などに使えたり、このブログでも活用していますがブツ撮り用の簡易ライトとしても活躍してくれています。

 

やりすぎず、でも簡単なことで高い効果を得られますので、是非お試しください。

 

新しいZoomミーティングの設定について紹介します

OSPNオンラインイベント運営班のメンバーから、Zoomの設定項目変わってますよ、と言われて見直してみたら、結構並びが変わったり、新しい設定項目が追加されたりなんだりしています。

そこで、以前好評をいただいたオンラインイベント向け Zoom設定項目の一覧表をアップデートしてみました。

 

docs.google.com

順番がかなり入れ替わりましたが、新しい機能はそれほど無い印象です。その中でも、少し気になった項目について紹介します。

 

待機室設定が先頭に

待機室の設定が一番前に来ました。セキュリティ的な問題が大きいのでしょう。設定項目も細かくできるようになっていますが、これは以前から?

 

バーチャル背景の許可が静止画と動画に分かれた

バーチャル背景の許可が、静止画と動画に分かれました。静止画は許可したいけど、帯域を喰う動画は許可したくない、というような設定ができます。

 

シンガポールにもデータセンターができたらしい

これはそのまんまです。

 

ライブストリーム配信に少し積極的

ライブストリーム配信可能にすると、FacebookとYouTubeがデフォルトでチェックされるようになった。でも、YouTube配信にはカスタムライブストリーム配信サービスにチェックが必要なので、逆にチェックを外す手間が増えただけ。

 

というわけで、設定項目のまとめにはあれこれ設定についての説明も書いてますので、是非ご活用ください。

 

パニエバッグで自転車の積載量アップ

ここ最近、週1ぐらいのペースでオフィスに出ています。今日も午後からオフィスに出社し、主に書類関係の整理やら発送業務などに追われておりました。社長の仕事は意外と地味なんです。

さて、これまでオフィスに毎日出ていたのであまり必要ありませんでしたが、ほとんどが自宅での作業となると、色々なものを家に持ち帰ったり、逆に要らないものをオフィスに持っていく必要性も高まってきます。しかも、これまでならチクチクと少しずつみたいなことができましたが、週1出社となると一気にあれこれ持って行く必要があります。

 

メインのバックパックは2 Day Assault

現在、メインのバックパックはミステリーランチの2 Day Assaultが頑張ってくれています。

それほど大きくはありませんが、それでも身体にピッタリとした装着感と、ほどよく荷物が入るサイズで、これまで沢山の荷物を往復させることができました。しかし、背負っている分、身体への負担も大きく、なんとかしたいと思っておりました。

 

後部キャリアにパニエバッグ

そこで、キャリア部分にパニエバッグを取り付けることにしました。元々こうするつもりで、購入時にキャリアも付けてありましたしね。

色々な商品があるので悩みましたが、初めての購入ですし、使用感を踏まえて買い換えることも考慮して、あまり高すぎず、そこそこ容量が入るものを選んでみました。

 

実際の使用感ですが、もともとキャリアがもう少し広いものを想定していたようですが、なんとか前後で留めることができました。特に前後のズレが気になっていたので、ここは合格点。

再度の裏側の留めですが、ちょっと狭いところでの取り回しは不便なベルクロテープですね。でも、なんとかきちんと固定はできます。変なフックよりは安心できます。

バッグのサイズですが、思ったよりは小さかったかな?でも、重いので入れたくなる書籍や、日本酒の四合瓶などしっかり収納できたので、普段使いには問題無さそうです。

防水性が不安なので、今のところ雨が降らない状況でしか使っていませんが、防水スプレーをしっかりとかければ大丈夫かな?

 

Amazon prime wardrobeを試してみる

雨の時に自転車に乗ったりする時、濡れること自体はそれほど気にしませんが、今後のことを考えると雨具の一つもあった方がいいかなと思い、探してみました。

ミズノのベルグテックEXストームセイバーがコスパがいいようです。

 ただ、サイズ合わせがなあ、と思ったら、Amazon prime wardrobe対応のようなので、試してみました。サイズはLとXLを注文。

 

3日ほどで届きました。

f:id:tmiyahar:20200717201148j:plain

箱を開けると、中蓋が返送用の上蓋になっています

f:id:tmiyahar:20200717201201j:plain

中には2つの商品と、返送用のご案内

f:id:tmiyahar:20200717201212j:plain

最初から宅急便の着払い伝票が入っているので、楽に返送できます

というわけで、今までの返品だと結構大変でしたが、気軽に試せる感じになっていますね。

肝心のレインウェアですが、Lサイズはまったくダメ。腰回りがかなりピッタリしてしまっていて、どうも快適ではありません。というわけで、残念ながら両方とも返送。こんなことなら最初から2XLも入れておくべきだった・・

後悔しても仕方ないので、ササッと返送手続きを済ませて、2XLを発注。6つまで頼めるようなので、今後何かお願いする時はサイズをちゃんと多めに頼んだ方が結果的に良い、ということになりそうです。