宮原徹の日々雑感

渋谷で仮想化している社長の日記です

電源スイッチ付きRaspberry Pi 4用ケースでラズパイオーディオを快適に

ここ最近、あまりガツガツやっていなかったラズパイオーディオ活動ですが、よいケースを見つけて改善があったのでご報告を。

 

ケース選択のポイント

私はプレイヤーにVolumioを使っていますが、各種操作はブラウザなどからするので良いとして、電源の入り切りをいちいちケーブルでやったりするのが面倒なので、いい感じのスイッチのついたケースが欲しいな、と思っていたら、たまたまFacebookで買っていた人がいて、私も購入。

 

 

GeeekPiからは他にも色々なケースが出ているのですが、以下のポイントから選択しました。

 

・形状ができるだけフラットであること。DACなどを乗せたりするので。

・できるだけ重い事。ケーブルの重さなどで動かないようにするため。

・2.5inch内蔵SSDが使えること。データをローカルに置いて、場合によってはネットワークレスでも使えるようにするために。

 

実際に届いたものを確認したところ、これらのポイントを満たしていたことと、さらにSSDは変換ボードが入っていてM.2タイプ(ただしNVMeではない)も使えるので、SSDは2.5inchでもM.2でもお好きな方が使える、というメリットが。

 

組み立てはちょっと大変

さて、組み立てですが、ゆっくりやろうと思っていたのですが、チェックしているうちに我慢ができず、勢いで一気に組み立ててしまいました。この手の作業に慣れている人であればそれほど難しくはないでしょうが、中に入っている変換基板と、GPIOやSDカードのためにフレキシブルケーブルを繋ぐところ、特に40pinのGPIOの繋ぎがとても大変です。正しいやり方がよく分からなかったのですが、受け側のソケットでケーブルを押さえる黒いパーツが外れてしまって難儀しましたが、多分正解は少しずらして隙間に入れた後、黒いパーツをギュッとするパターン?結構しっかり入れないとダメなので、奥まで入っていない時にはうまくいってません。

SDカードの方は、押さえの黒いパーツは90度起きるようになっているので、起こした後差し込んで、パチンと倒してあげる感じでOK。

GPIOは多分使わないので検証もしていませんが、SDカードは使えないと致命的なのできちんと動作確認をした上でケースへの組み付けをするべきでしょう。

SSDはちょうどいいものが手元にないのでお預けですが、電源ボタン長押しで電源を切ったり、電源を入れたりすることができたので、概ね期待通りの動きをしてくれて満足です。

ちょっと謎なのが、フロントにUSBポートがあるけど、バスパワーは来ているのにDACは認識してくれないこと。DACはセルフパワーなのでバスパワー不足は考えられないし、接続経路とかハブの問題かな?こちらももう少し確認が必要そうですが、とりあえずUSBメモリを認識してくれたらいいのに、というところでしょうか。

 

どうやら、ドライバーのインストールが必要だった模様です。USBポートと、PWMコントロールなファンが回せるようになるらしい。でも、ファンが回るとうるさいので、そこは考え処かな。Volumio使うだけなら、そこまでCPU使わないんですよね。アップサンプリングして長時間聞いていても特に問題起きなかったですしね。

 

wiki.deskpi.com

 

というわけで、据え置き型にするのにいいケースですし、普通のRaspberry Piの使い方にも対応できますから、万人にお勧めできるケースです。

 

夏の宿題 ONTOMO MOOK OM-OF101について

夏の宿題と呼んでいるONTOMO MOOKのスピーカー自作、今年はオンキヨーの10センチ。ちょっと表面が生理的にダメかな?と思っていたのだけど、思ったよりも大丈夫でした。

 

 

エンクロージャーはとりあえず同じくムックで提供されている奴。ダブルバスレフで作りました。

 

 

いつもなら、しばらく寝かせてしまうのだけど、今回は珍しく届いた翌日の土曜日には組み立ててしまいました。

 

f:id:tmiyahar:20210912103911j:plain

組み立て完了。実はちょっと側板がズレたりなんだりしてるけど、気にしないってことで。

さっそく真空管アンプに繋いで聴き続けていますが、最初は少し堅いかな?点音源?と思っていましたが、徐々にこなれてきた感じがします。エージングとか信用しない派なので、単に振動板が動いてこなれただけですね。

ユニットもなかなかいいのですが、10センチと大きくなったことで、ダブルバスレフの効果か低音が結構響きます。個人的には特に何もせずにそのままで気に入っていますが、人によっては吸音材を入れるのはアリかと思います。その辺が苦手な人はダブルバスレフにしない、という方法もありそうですが、作ってから戻せないところが悩ましいですね。

これだけのものだと、もう少し大きいハコに入れるとか、ツイーターも追加したりとか、あれこれ遊べそうな気がします。今まで使っていたFE88-Solは、あれこれ比べた結果、ツイーター無しでそのままが一番という結果になりましたが、どうでしょうか。といっても、置くスペースの関係でツイーターは追加できそうにないので、そのうち置く場所を変えたら試してみよう、という感じです。

SACD30nのVARIABLE出力から真空管アンプ経由でMODEL 30に繋いでみる

先日からオーディオシステムの組み替えをして、主に日中の作業を行っているスペース側はかなり変わったのですが、勢い余ってリビング側の環境にも少し手を入れてみる。

主な目的は、現状のSACD30nとMODEL 30の組み合わせに真空管アンプを入れること。本当は300Bの真空管アンプを入れてDS-4NB70に直接出したいのだけど、その場合にはスピーカー切り替え器を入れる必要があり、今持っているものは電子式のものなので若干使いにくい。機械式のものを入れたいなと思うところもあるけれども、まずは有り物で雰囲気だけでも、ということで、SACD30nにあるVARIABLE出力(FIXEDは使用済み)とMODEL 30のLINE入力を繋ぎ、間に真空管ラインアンプを入れてみることに。

試してみたところ

・SACD30nのVARIABLE出力をオンにする

・リモコンのボリュームモードを変更して、SACD30nのVARIABLE出力のボリュームを変更する

ということで無事にMODEL 30のLINE-1に入力することができました。デフォルトではVARIABLE出力のボリュームが0になっているので、音が出ていないように見えるのが若干の罠でしょうか。

出力ですが、間に入れたのがONTOMO MOOKの真空管ラインアンプ(ハーモナイザー)で、大体ボリュームが97から98ぐらいでFIXEDと同じぐらいの音量になりました。VARIABLEの方が2倍のゲイン(ガンダムっぽい言い方)になっているはずなので、それだけ間のところで変わっていると考えていいのかな?(分かっていない)

 

 

使い勝手で考えると、ボリューム調整のできるNFJの真空管ラインアンプの方が良さそうなので、また改めて変更、設定してみようと思います。

8月24日に『オープンソースの教科書』が発売になります

執筆のご依頼をいただき、GWぐらいから書き始めていた『オープンソースの教科書』が8月24日に発売になります。

 

オープンソースの教科書

オープンソースの教科書

Amazon

 

私自身、初めてGCCやEmacsなどのGNUソフトウェアに触れて30年近く、そしてオープンソース関係に仕事的にも関わるようになって20年以上経ちますが、このような形でオープンソースのムーブメント全体についてまとめたことはありませんでした。

 

今こそあらためてオープンソースを学びたい

学生さんなど若い人と話していると、オープンソースであることがごく当たり前のように受け入れられています。たしかに先端のAI・機械学習などで使われているライブラリもオープンソースだし、OSから何から全部オープンソースで構成されています。いい時代になったものです。

ただ一方で、オープンソースって何?ってことについてきちんと理解されていないのではないでしょうか。もちろん、事細かに知っていなければいけない、ということではないのですが、やっぱりその背景にある思想やこれまでの経緯、そして魅力について知って欲しいなと思います。

この本には、私が関わってきたオープンソースにまつわる色々なことを、ただできるだけ主観を排してわかりやすく、学びやすく記述してみました。今後、オープンソースに関わっていく色々な人にとって最初の学びの本になってくれたら嬉しいですね。

360 Reality Audioを聴くためにiOSでDeezerを設定する

以前このブログで書いた通り、イマーシブ・エクスペリエンスの1つであるイマーシブ・オーディオには注目している。現状、なかなか聴く環境が拡がらないので普及している感じはしないのだが、今後当たり前になっていってくれたら嬉しいなとも思う。

 

tmiyahar.virtualtech.jp

さて、そんなこんなでふと思い立ってソニーのDeezer 3ヶ月お試しキャンペーンに乗ってDeezerをセットアップしてみたので、そのことについてメモしておこうと思う。

 

Deezerにあらかじめサインアップしておこう

ソニーのキャンペーンに申し込むと、クーポン情報が送られてきて、それを適用すれば3ヶ月お試しになるわけだが、どうもWebアプリの出来がよくないように思う。個人的にはあらかじめサインアップまでは終わらせて、その後無料版と有料版の選択になるところで一度サインアップを止めておき、キャンペーンメールで来たリンクからクーポンコードを有効にするやり方が一番ミスが少なくていいんじゃないかと思った。一応、3ヶ月が過ぎたら有料版になるので、クレジットカードの登録は必須となっている。

 

iOSにアプリのダウンロード

iOSのApp StoreでDeezerアプリと、360 by Deezerをダウンロード。1つになっていないのはイマイチだな〜、とは思うが仕方ない。

 

Headphone Connectとの連携

Deezerアプリでアカウント認証をして、360 by Deezerを起動すると、ソニーのHeadphone Connectと接続する作業が必要になる。ここの出来もあまりよくなくて(自分だけか?)、分かりにくかったので説明を入れておく(これがこのエントリーの目的に近い)。

まず、Headphone Connectが呼び出されたら、「サウンド」から360 Reality Audioの項目を探す。

f:id:tmiyahar:20210720180652p:plain

ヘッドホンの最適化自体は済んでるものとする

 

アプリの最適化の「確認」を選択し、360 by Deezerと接続(最適化)させる。

f:id:tmiyahar:20210720180815p:plain

この画面では最適化は終わっている

 

もしかしたらこの処理は自動的に行われるケースがあるのかもしれないが、ヘッドホンの接続周りでもたついたのもあって、手動でやらないとダメだった。この手の動作テストはパターンが埋め切らないので、なかなか公式な情報として出てこない。こういうところが問題なく進められるようになれば、普及にも弾みがつくと思う。

 

実際、聴いてみてどうか

360 by Deezerに戻って、360RAっぽい楽曲を再生すれば、包まれ感ある再生が楽しめる。うん、悪くない。

でも、圧倒的にいいかというと、そうでもなかったり。いいと思うし、悪くはないんだけど、コレじゃ無きゃダメだ、というほどではない微妙な感じ。とにかく、対応楽曲が限られている感じがして、まだサンプルを聴いている感じなんだよね。

これは、普段使っているAmazon MusicがUltra HD(いわゆるハイレゾ)で配信されるのがごく当たり前になってきて、音質について気にせず楽しめるようになってきたのと比べると雲泥の差が。今のところ、特徴的なアルバムが360してたり、特定の楽曲だけ360だったりと、まだまだお試し感が拭えない。

過去の音源を360化するよりも、ライブ音源などを積極的に360化していく方がいいんじゃないかと思いつつ、360化するためのコスト回収など含めると、なかなか厳しそうだな〜と思った。

 

Amazon Music、早くヘッドホン360化して欲しい

あと、設定の仕方からいって、Amazon Musicアプリが360RAと繋ぐのはそんなに難しくはなさそうなんだけど、Amazon Musicには360な音源が2種類あるし、いろいろと面倒な事情もあるのかな。ソニーさんには頑張って交渉してもらいたいお気持ち。