宮原徹の日々雑感

渋谷で仮想化している社長の日記です

在宅勤務手当てを一人2万円支給することにしました

私が先陣を切って2月末から、他のスタッフも順次在宅勤務に移行してもらいました。状況が落ち着いたら必要な人はオフィス出勤に戻って貰おうと思っていましたが、現実にはむしろあまり変わっていない状況です。そこで制度を変更し、全社員に在宅勤務手当てを一人2万円支給することにしました。

 

最初に私の立ち位置を書いておくと、私はオフィス大好きです。頑張って渋谷徒歩5分のところにそこそこ広めのオフィスを借りています。快適な作業環境を整えるために、オフィス什器を調えたり(全員広い机+アーロンチェアです)、自由に食べられるお菓子や飲み物(含むアルコール)も用意しています。集まることで発生するコミュニケーションは無駄な部分もありますが、必要なノイズだとも思っています。なので、いつまでも在宅勤務が続くのは内心快くは思っていません。オフィス要らない、在宅勤務でいいじゃん系の意見には与しません。考え方はそれぞれ、選択肢も複数あっていいと思いますが、そういう系の人たちがオフィス必要派を貶めるのはいかがなものかと思っています。

 

ここは本題ではないので、次に行きましょう。

 

2万円は多い?

実際の所、この話を昨日Facebook、Twitterでしたところ、「すごい」「ホワイト」だというコメントをいただきましたが、どうなのでしょうか。これまで各人にかかっていた

弊社オフィスがある渋谷まで通って貰うのに、定期代での交通費が数千円かかっています。ざっくり1万円だとします。さらに光熱費などもかかっている他、上記の通りオフィスでの福利厚生にもそこそこ費用をかけています(ネスプレッソなどはカプセルの種類が覚えきれないぐらい取り揃えてます。冷蔵庫にはウイルキンソン炭酸がギッシリ。もちろん飲み放題)。

これらの費用(コスト)が、在宅勤務になって無くなったわけなので、それとのバランスを考えれば、一人2万円手当てを払うのは会社としてはバランスしています。なので、会社としては別に多すぎることはなく、適正な金額だと考えています。理由を付けて絞ろうと思えばいくらでも絞れますが、それって本当に必要なこと?と考えたのも事実です。

※税務的な面は会社側、スタッフ双方について考慮済みです。

 

ごく普通だと思うことが世間一般ではすごいと思われることについて

このような考え方は、私はごく普通というか合理的だと思うのですが、世間一般的にはそうではないんだろうな、という違和感もあったので、私にしては珍しくSNSで発信してみました。

ただ、こういったことが、何やら人材獲得のための競争のようにならないことを祈ります。やっぱり一番はオフィスで仕事したい人は出勤するし、家で仕事をしたい人は家で、時短で仕事をするのもよし、それぞれの都合や好みに合わせた働き方ができるようになることですからね。

そういう意味では、弊社も新しいオフィスに移転して8年ぐらいで、大分変わった気がします。

 

・9時に出社しろ!と強制した時期。チームビルディングの必要性が強かった

・テレワークを試験的に認めはじめた時期。北海道と福岡に各1名。

・強制的に在宅勤務。短期的にはなんとかなっている。これまでの積み重ね貯蓄を取り崩している感じ。

・テレワークも交えたベストミックスの時期 ←今ここを模索中

 

正解は無いので、柔軟かつ迅速に対応できることが大事だなと思いました(小並感)。

無線LANブリッジ併用でネットワーク的にループしているような状態になるとDHCPでIPアドレスが取れない件

Mac Proに変更して、オンラインイベントでの安定性や速度などを考えて有線LAN接続をメインにしていますが、万が一有線LANが切れた時やApple Watch連携のために無線LANも使っています。

また、Phillips HueやNASなどのためにこれまで無線LANアクセスポイントとして使っていたAirStationを中継機モードにして無線から有線へのコンバーター的な使い方もしています。

ここにMac Proからもう1ポート有線LAN接続したりしていたのですが、今日同じハブ部分にRaspberry Piを接続して動かそうとしたらDHCPでIPが取得できない。あれこれ切り分けしてみて、上記の様に変な接続をしていると当然L2レベルでループしたような状態になってしまうらしいということが分かった。

実際のところ、Mac Proには3つの接続があるが、それぞれがブリッジされているわけではないのでループしているわけではないんだが。

まあ、こんな変態接続にたまたまなってしまっただけなので、Mac Proと無線ブリッジの間の接続は撤去して、普通に戻しました。

Raspberry PiはVolumioを動作させて、Pi-Digi+からDACに光と同軸で接続するようにしました。USB接続とはまたひと味違う感じがして結構好きです。

スマホでAmazon Music HDのUltra HD(ハイレゾ音源)楽曲を聴く Android編

前回はiPhone編を書きましたが、今回はAndroidについて。

 

tmiyahar.virtualtech.jp

手持ちのAndroidで少し試してみましたが、やっぱりAmazon Music HDを聴くならPCかiPhone/iPadなのかな〜、という結論に達しました(もちろん例外あり)。

 

24bit/48kHzの制約を超えられるか

これはiOSなんかもそうなんですが、普通にしていると24bit/48kHzが再生のMAXです。一応24bitだし、48kHzも96kHzも実はあまり変わらないんじゃないかという意味では、それはそれでOKなんです。なので、そう思える人はそれでいいんじゃないかなと思います。

でも、せっかく24bit/96kHzの楽曲データがあるのに、これが48kHzになってしまうのって悔しいじゃないですか。負けた感じになりますよね。でも、とりあえずどうにもならないんですよね。

下はまずはUSB DACを外付けして再生したもの。

f:id:tmiyahar:20200621162141p:plain

USB DACを外付けしたところ

 

次にFiiOのBTR5をLDAC接続してみたところ。

 

f:id:tmiyahar:20200621162249p:plain

上のところにヘッドフォンマークが出てるのがBluetooth接続の印。

 

どちらも24bit/48kHzですね。まあ、分かってたんですけど。普通のAndroidはこうなるので仕方ないですね。

 

ウォークマンはどうなのか

実際のところ、この制約を回避しているAndroid系の端末はいくつかあるみたいですが、あえてそれを選びに行くぐらいなら、iPhone SE(第2世代)あたりを買っちゃう方が手っ取り早い気もするんですよね。

それでも、宗教的にアップル製品を受け付けない方には、ウォークマンはどうでしょうか。5月末のアップデートでハイレゾストリーミングに対応したらしいです。これまでは16bitにダウンコンバートされていたらしいので。

 

www.sony.jp

ただ、この件をかなり調べてみたんですが、誰も実際に48kHzの壁を突破したのかどうかをレポートしてくれていないんですよね。対応したらしいよ、という情報しかアップされていない。すごく気になるんだけど、検証するだけのために買うわけにもいかないしなあ・・

ソニーさん的には、Amazon Music HDはあまり推してないみたいですしね。moraがあるから仕方ないですが、その他のサービスは言及していても、Amazon Music HDだけはつまはじき。まあ、分からんでもないですが・・

このあたりをモタモタしてるうちに、Amazonが純正でミュージック&ビデオ用ポータブル端末を出してくるんじゃないかな・・

 

暑さに備えてTB1eにボトルケージを取り付けてみた

基本的に在宅勤務継続中ですが、たまにやむを得ず渋谷のオフィスまで行かなければならないことがあります。そのような際には2月に購入しておいた電動アシスト自転車 TB1eで行くようにしています。

涼しい時期はまだ良かったのですが、ここ最近は暑くなってきたので水分補給が重要です。これまでは背負っているバックアップのサイドポケットにボトルを入れていたのですが、取り出しにくく、場合によっては脇腹の筋肉に激痛が走ったりすることもあるので、ボトルケージを付けなければ、と思ってエイヤで購入しました。

 

TOPEAK(トピーク) モジュラー ケージ 2

TOPEAK(トピーク) モジュラー ケージ 2

  • 発売日: 2011/12/02
  • メディア: スポーツ用品
 

 

蓋をいちいち開けるのも大変なので、開けないでもいいボトルも欲しいなと思い、こちらを購入。捻るだけで飲めます。

 

 

早速取り付けた

自転車本体のナットを外して取り付けます。位置決めもバッチリ。

f:id:tmiyahar:20200620135438j:plain

シートポストには空気入れが付けてあるので、ちょっと狭くなってきた

ボトルも取り付けてみます。思ったよりも直径が太いのでサイズ調整用のナットはフルオープン状態。

 

f:id:tmiyahar:20200620135534j:plain

取り出す時は少し横に傾けて押さえレバーを広げる感じにします。ボトルにキズが付いていきそうだけど仕方ないよね。

というわけで、自転車に乗るときにはこのボトルに氷と水、スポーツ飲料を入れて出かけることにしましょう。

スマホでAmazon Music HDのUltra HD(ハイレゾ音源)楽曲を聴く iPhone編

前回、Amazon Music HDでUltra HD(ハイレゾ音源)の楽曲を聴くための機材選定について書きました。

 

tmiyahar.virtualtech.jp

基本的にAmazon Music HDの、特にUltra HDのハイレゾ音源はPCで聴くのが最適です。そうはいっても、スマホで聴きたいという人も多いと思いますので、スマホの対応について書いておこうと思います。

 

ハイレゾで聴きたいならiPhoneを選ぼう

もうタイトルにいきなり結論から書いちゃってますが、とりあえずUltra HDのハイレゾ音源を聴きたいならiPhoneを選択です。そして「Apple Lightning - USBカメラアダプタ」を買ってUSB DACを外付けしてください。

 

Apple Lightning - USBカメラアダプタ

Apple Lightning - USBカメラアダプタ

  • 発売日: 2015/05/29
  • メディア: Personal Computers
 

 

Lightningコネクタ用製品は、パチモンっぽいものも沢山ありますが、金額差も大したことはないので純正品を買っておくのが確実です。

私は1個買った後、どこかに入ってしまって買い直して、しばらくしたら出てきたので2個持ってます。

あと、給電しながら聴きたい、というケースもあると思いますので、その場合には同時に充電できるタイプを買ってもいいかもしれません。私はケースバイケースで使い分けるために両方、都合3個持ってます。

以前はLightning給電できたのですが、今はUSB Type-C給電のタイプしかないみたいですね。

 

Apple Lightning - USB 3カメラアダプタ

Apple Lightning - USB 3カメラアダプタ

  • 発売日: 2016/03/23
  • メディア: Personal Computers
 

 

USB Type-CになったiPadなら汎用的なOTGアダプタ、ケーブルが使えるのでお得ですね。iPhone 12は変な独自仕様になるという噂が出てきてますね。どうなるんでしょうか。

 

再生音質を確認

Ultra HDバッジをタップすると、再生音質が確認できます。

 

f:id:tmiyahar:20200620124655p:plain

USB DACにはHugo 2を接続しています

こんな感じに、最大24bit/192kHzで再生可能です。Ultra HDの楽曲はほとんどが24bit/48kHzか96kHzなので、これで十分でしょう。

実は3Dがずっと気になっています。Echo Studio、欲しいけどでかいんですよね・・

ダウンロード設定に注意

Ultra HDの楽曲はストリーミングでも再生可能ですが、よく聴く楽曲はダウンロードすることになると思いますが、設定をきちんと確認しておきましょう。うっかりするとUltra HDでのダウンロードになっていないことがあります(デフォルトは違ったような?)

 

f:id:tmiyahar:20200620125135j:plain

Amazon Musicアプリの設定からダウンロード設定を確認、変更しましょう

 

Bluetooth接続はダメ

iPhoneは逆にBluetooth接続のコーデックがダメダメなので、ハイレゾ音源の再生には向いていません。諦めましょう。割り切りましょう。