宮原徹の日々雑感

渋谷で仮想化している社長の日記です

オンライン会議におけるマイクの重要性のお話。主に環境作り。

実践的なマイクの選び方

前回、オンライン会議ではマイクが重要というお話を書きました。

 

tmiyahar.virtualtech.jp

では、実際にマイクをどう選ぶべきか。検索するとかなりの記事が引っかかっては来ますが、個人的にはあまりピンと来る記事もないので、あらためて書いておきます。

ただ、最大の難点は、記事でいくらマイクを紹介しても、現在圧倒的な品不足で入手することが困難という点です。そのあたりを割り引いて記述することにします。

 

音質を気にするならまず部屋の環境から

どんなにいいマイクを使っても、収録する環境が劣悪なら意味がありません。むしろ、感度がいい分、沢山の環境音を拾ってしまいます。

これは部屋の環境をよくしろ、という話ではなく、むしろバランスを考えたらそこそこのマイクでもいい、という意味で最初に挙げておきます。

 

設置面積を考えていますか?

ここ最近、自宅の作業環境をSNSなどに上げることが増えていますが、これみよがしに所狭しと機材を並べているようなことが多いように感じます。

しかし、『Sound Recording』などを読んでいれば分かりますが、基本的に環境は「Simple is Best」。できるだけ簡潔にまとめることが大事です。

基本的に在宅ワークは普通にデスクワークをすることがメインです。オンライン会議はその中で時間的に何%を占めてますか?あるいは綺麗にビデオ動画を流したり、クリアな音声を流すことでいくら稼いでいますか?(クオリティアップで要求をクリアできたり、売上を上乗せさせられるという意味で)

特に色々な機材は、思った以上に場所を食うものです。機材のフットプリントだけでなく、配線するための余地などを考えると、単純なデスクワーク作業にとっては邪魔なだけです。大事なことだからもう1回。

 

「機材は邪魔」

 

テンションが高いうちはいいですが、段々とミキサーもレベル操作もしなくなり、ただそこにあるだけでしかないマイクやミキサーを疎ましく思うようになります。経験者は語ります。

デスクワークメインの環境においては、「場所を食わない」ということが一番のメリットであるといえます。

 

実践的なマイク選びを考えると・・

というわけで、オンライン会議のための実践的なマイク選びを考えると、以下のパターンしか無い事になります。

 

・まったく場所をとらないイヤホンマイクなど
実はこのパターンがすべてにおいてベストだったりする。超コスパ良し。

・コンパクトのオーディオI/Fとマイクの組み合わせ
新規に買うのは困難ですが、いい音で聴きたいとオーディオI/Fを購入していた人は選択可能。私はなぜかUA-4FXが手元に2台あります。ただ、外付けするマイクを選んだり、スタンドなどをどうするかでかなり迷います。

・USB接続マイク
音質と設置性を考えたら、バランス的にはこれしかない。

 

これ以外に、PC内蔵やカメラ内蔵マイクを使うパターンも考えられますが、音質がバラつく(かなり下の方に)ので、取り上げないでおきます。でも、Macの内蔵マイクは比較的良いですね。

 

というわけで、じっくりと書いている時間が無い中で書いてますので、具体的なマイクの紹介になかなか入れませんが、頑張って続けようと思います。

 

 

オンライン会議におけるマイクの重要性

オンライン会議はカメラよりマイクを重視せよ

世間的にはオンライン会議のためにカメラやマイク、ライトやグリーンバックなどを充実させる話が多く出ていますが、やや目的と手段を取り違えているようなところもあるような気がしております。

特にカメラなどの映像関係はどんなに頑張っても開始時点で画面共有されてしまえば小さいサムネイル動画に押し込められてしまいます。この時の解像度は320x180。これはワンセグ放送と同じ解像度です。いくら頑張ってレンズで背景をぼかしても、フルHDで取り込もうと、このサイズに変更されてしまうのでは如何ともしがたい。さらに、画面共有だと大体そっちしか見ていないので、下手するとカメラ映像は見られていませんからね。

というわけで、カメラは2000円ぐらいで買える720p対応のUSBカメラ(いわゆるWebカメラ)で実用十分です(キッパリ)。まあ、それですら購入できない状況が続いてはおりますが・・

私は緊急事態宣言になる前に、機会学習用にJetson Nanoと組み合わせて使おうと購入したロジクールのC270nを使っています。これで十分です。いま見ると5000円。ぼってますね・・わざわざ高い金額を出して買う必要なんか無いですね。

 

 

マイクはいいものを使いたい

さて、カメラに比べて、マイクはとても重要です。カメラ映像は見られなくても問題ありませんが、音声は相手にきちんと話が届かないと意味がないですから。

というわけで、本題のマイクの話です。

 

手っ取り早いのはスマホのイヤホンマイク

誰でも1つ2つは持っている、スマホのおまけのイヤホンマイクはなかなか良いです。私はiPhone派なのでEarPodsが沢山ありますが、Lightning端子になってからのものが手元に沢山になってしまいました。できれば3.5mm 4極のものがいいのですが。

同じように、ソニーのヘッドフォンなどでは交換用ケーブルとしてマイク付き4極のものがあるので、これは以前から使っています。でも、オーバーイヤーはこれからの時期、暑くて嫌になるんですよね。

 おまけのものが無くても、3000円〜5000円ぐらいで音質のいいイヤホン+マイクという製品が沢山ありますので、お好みで購入されるのが吉かと思います。

 

ワイヤレスイヤホンは動き回れるメリットはあれど、マイクはやや微妙?

ワイヤレスイヤホン、特にAirPodsのような完全ワイヤレスのイヤホンを使っている人も多いのではないでしょうか。これらにもマイクが内蔵されていますので、オンライン会議で使うことができます。

メリットは会議しながら動き回れることで、Bluetoothが届く範囲内なら冷蔵庫に飲み物を取りに行ったりなども自由にできます(トイレには行かないこと)。

一方で、耳に取り付けているため、口から出る声を拾うのはマイキング的に不利。どうしても音がこもったような感じになります。これにインターネットの上り帯域不足が重なったりすると、相手からは聞き取りにくい音声と感じられてしまうので注意が必要でしょう。

カジュアルな会議やオンライン飲み会ぐらいであれば、もちろんメリットの方が大きいでしょう。

 

ガチのマイクを用意する?

一部のガチ勢は、USB接続ミキサーにマイクを繋いだりしていますね。やれコンデンサーがいいの、マイクアームを買っただの。

あらためて宅録ブームが来そうな感じで、趣味としてはアリだと思います。でも、ミキサーやマイクは結構場所を食うんですよね。私も趣味と仕事を兼ねて色々と持っていたりはしますが、ここ3ヶ月で本格的に運用するのは控えてきました。やはり設置面積や配線の問題が大きいですね。

というわけで、最終的な結論として、USB接続のスタンド型マイクがいいんじゃないか、という話になります。

ちょっと長くなりましたので、具体的なお話はまた次回。

夏の在宅勤務に備えて書斎にエアコンを取り付けました

これで夏の在宅勤務も安心

今の家に住んで10年、一応自分の仕事などをするための書斎としてのお部屋はあるのですが、エアコンがついていないので暑くなるとあまり使わないで来ました。

しかし、今後のことを考えるとエアコン必要だろ、ということで取り付けてみました。もともと配管用の穴は開いていましたしね。

 

まずは部屋を片付けないと

配管用の穴はカラーボックスで塞がれていたり、作業スペースを確保するためにも片付けが必要です。いい機会だからこれまでやってきた環境を一から綺麗に構築し直すために、可能な限り部屋から物を撤去してみました。

 

f:id:tmiyahar:20200524152355j:plain

工事の人が来て作業を始めたところ。左奥のところに配管作業用の扉が付いてる。

エアコンは自動清掃機能付きにした

どんなエアコンにするか迷いましたが、毎回掃除が大変なのもあるので、自動清掃機能付きのものにしてみました。子供の頃からそういう家で育ったので、家電は松下と決めています(主に母親の影響)。

 

 

f:id:tmiyahar:20200524152532j:plain

無事に取り付け完了。追加で1万円ほど工事部材費がかかりました

かなりいい感じに取り付けられました。

 

レイアウトをやり直し

そしてどかした荷物を少しずつ戻します。必ずしも必要のないものも多かったので、まずは必要最小限のものを戻して、作業スペースをできるだけ確保する方向で。

 

f:id:tmiyahar:20200524152717j:plain

まずはマシン関係だけ戻してみました

できるだけ右側には物を置かず、一時的な作業などを展開できるようにしていく所存です。

 

宅内有線LANを引いてみた

我が家のインターネット出入り口はやたらと遠い

マンションあるあるですが、電話の口がキッチンにあったりして、VDSL方式のインターネット回線だとルーター位置がやたらと変な場所になりがちです。

在宅勤務の作業スペースは玄関横にあるので、とても離れており、これまでは無線LANで繋いでいましたが、やはり不安があるので思いきって有線LANを引いてみました。

これまでネックだったダイニング部分に最近マットを敷いたので、この下を通せば大丈夫だろう、という目論見もあります。

f:id:tmiyahar:20200521185352j:plain

実際に配線した後の写真

距離を考える

あらためて測ってみて、何メートルのケーブルにするかを考えます。配線の自由度を考えると10メートルでは足りなさそう。ということでかなり余りそうですが15メートルのフラットケーブルにしてみました。

f:id:tmiyahar:20200521185734j:plain

15メートルとなると、巻きの直径もなかなかです

捻れ癖に注意

実際に引いてみての注意点ですが、フラットとはいえかなり巻かれているので捻れようとします。長いのでこの捻れを取って平らに引いていくのに一苦労。平滑性には過剰な期待をしすぎない方が良さそうです。

あと、モール等を使わずに廊下の隅に寄せていますが、あまり動かないように少し重めの重しを使うと良さそうです。

 

 

 

ボストン美術館展のファイヤーキングが届きました

中止になる展覧会、グッズ購入で少しでも助けになれば・・

予定されていた様々な展覧会が中止になりますが、グッズ購入で少しでも助けになればということで、ボストン美術館展の公式グッズからファイヤーキングのカップを購入してみました。

 

www.ntv.co.jp

f:id:tmiyahar:20200520132753j:plain

f:id:tmiyahar:20200520132756j:plain

f:id:tmiyahar:20200520132800j:plain

箱がお洒落。再利用したくなりますね

 

f:id:tmiyahar:20200520132833j:plain

f:id:tmiyahar:20200520132837j:plain

収蔵品のイラストが沢山入ってます。メインは吉備真備(きびのまきび)

吉備大臣入唐絵巻」はこちらに画像データでありますね。

"Minister Kibi's Adventures in China"という英訳にちょっとクスッとしちゃいますね。

 

collections.mfa.org

今日の午後のコーヒーはこのカップで飲んでみようと思います。