宮原徹の日々雑感

渋谷で仮想化している社長の日記です

オンラインイベント企画のコツ

4月からオンラインイベントを始めて、これまで大規模なものも含めてかなりの回数をこなしてきたことで、だいぶコツも掴めてきました。

そんな中、イベントを開催したい方からのコンサルティングのご相談もちょこちょこといただくようになってきましたが、特に向こう側にさらにクライアントさんがいるような商業的なイベントだと、イメージするところと実際の乖離が大きくなってきているような気がしています。

今回、ちょっとしたご質問をいただいて回答したのですが、いいご質問だったので許可をいただいて公開することにしました。

 

オンラインイベントを開催する場合、配信プラットフォームは何がベストなのか

今のところ、Zoomミーティング+YouTube配信がベストプラクティスかと思います。現在開催しているオープンソースカンファレンス、その他のイベントはこの組み合わせでやっています。

直接、YouTube配信を行う方法も考えられますが、その場合参加者との双方向性は薄れてしまうところはあります。

配信用機材として必要なものは

Zoom自体がソフトウェア・ビデオミキサーとして活用できているので、特別な機材は必要ありません。マイク、Webカメラ、配信用PCが必要です。

場合によっては、もう少し良いカメラ、照明、背景、配信用のハードウェア・ビデオミキサーなども必要かも知れません。こだわり始めるとキリがない、半ば趣味の世界です。

通信環境が安定した撮影・配信用スタジオを探す方法は

今のところ、安全を考慮して完全リモートで開催しているので、登壇者は各人自宅やオフィスから繋いでもらっているため、スタジオを使用していません。

イベントによっては見た目を重視する必要があるかもしれず、その場合には照明などをきちんとやる必要がありそうなので、人数規模など考えた上で場所を探す必要がありそうです。

このようなリアルタイム配信イベントで事故が起こるとしたら、何が原因でどんなことが起こるのか

一番は配信しているサービスが停止して配信ができなくなること。最近は減りましたが、夏前ぐらいのイベントでは立て続けに発生しました。基本的にこのようなことが起きること、参加者にもその旨を伝えておくこと、発生した場合、別のチャンネルで状況を伝えられるようにしておくことが重要です。

その他、配信用PCのハングアップ、回線遮断などがありますが、即座に切り替えができるものでもないので、ダウンタイムを織り込んで対応時間を準備する必要があります。

また、完全ライブにこだわるのかどうか。事前収録の形を取り、録画をライブ配信、登壇者もチャットで会話する、というやり方もお勧めしたいところです。

その他、気をつけるべきことは

最低限の配信をするところで8割方目的は達成できますが、残りの2割のクオリティを求めると同じ以上のコストがかかります。クライアントさんにある程度割り切ってもらう方が最終的にはバランスのいい配信が行えるので、1回きりの配信に全力を傾けるより、継続的に配信をしていく、録画をアーカイブして繰り返し見てもらうなど、従来のイベントとは違うやり方であることをきちんと提案、理解してもらう方が良いです。

あとはどこまでいってもコンテンツなので、登壇される方の方向性、意識合わせも大事です。

 

質問と回答は以上です。私はどちらかというと現実主義で60点程度でもいいから長く続けることを旨としているので、イベントで一発打ち上げ花火を上げたい場合にはフィットしないと思います。ただ、やはりイベントは続けてなんぼと、16年間、200回近く全国でイベントをやってきた身としては愚考するわけです。

参考になれば幸いです。

Amazon Music Unlimitedが4ヶ月間月額99円らしい

Amazon Music関係の記事が多い私のブログですが、ハイレゾ配信をサラッとやってくれているのが嬉しいんですよね。

で、その手前の段階として楽曲が沢山聴けるAma Music Unlimitedが、4ヶ月間月額99円というキャンペーンをやっているらしいです。ほんと、こういうのずるいなと思います。私が受けられたキャンペーンはEchoが出始めのころに少し割引きになったぐらいだよ・・

amzn.to

まあ、それをとやかく言っても仕方ないのですが、PCやスマホで聴けたり、意外とアニソンなどが揃っていて楽しめるので、まだ入っていない人はこの機会に入ってみるといいかもしれません。

Amazon Echo Studioが14990円か・・

日常的な音楽はAmazom Music HDを楽しんでいる私ですが、常々試したいと思っているのがAmazon Musicの用意している3D。

少し調べてみると、再生については相変わらずAmazon Echo Studio(以下、Studio)でしかできないようで、やきもきしているところ。しかし、Studioはかなり高くて、わざわざ3D再生をテストするだけのために購入するのは憚られるところ。ただでさえ、Echo関係はあまり活用できていないし。

しかし、今日から始まったAmazon Prime Dayでは、Studioがなんと14990円。普段は24980円だが、15000円切りするとなるとこれはかなり食指が動きます・・

 

amzn.to

 

Echo Studio (エコースタジオ)Hi-Fiスマートスピーカーwith 3Dオーディオ&Alexa
 

 でも、結構大きいのも分かってるし、3Dを楽しもうとするといい感じのスペースも必要だけど場所も無いし、悩むなあ・・

むしろ、FireStickなどでMusicアプリから再生できるようになってくれた方が嬉しいのだけど、なかなか再生互換性が進まないのがもどかしいです。

 

 

α7Cを予約しました

α7Cを予約しました。

なんでPS5の予約と同じタイミングにするんだ!?購入完了させるまで15分ぐらいかかってしまいました。

α派の人、結構多いですが、私はあまり触手が動かなかったんですよね。でも、α7Cは良さそうなのでFEマウント用ということで買ってみました。お値段控え目なのも嬉しい。Vlog用カメラをスルーしていた分、そういう感じに使おうかなと。

10月23日到着予定なので、楽しみに待とうと思います。

 

WH-1000XM4のBluetooth 2台接続を検証してみた

詳細な情報が少なかったWH-1000XM4のBluetooth 2台接続を簡単に検証してみました。

使用したのはiPoneとNW-WM1Aです。

 

設定関係

Headphones Connectアプリで以下のような画面があります。このオンオフで動作が変わります。

実は設定オフでも、2台接続【自体】は行えます。詳細は後述します。

 

f:id:tmiyahar:20200904172721p:plain

設定オフの状態

 

ヘルプ情報に大事な説明が書いてあります。

 

f:id:tmiyahar:20200904172743p:plain

ヘルプ情報。LDACが使えなくなる制約が!

 

設定オフの場合

設定オフの場合、LDAC接続できます。さらに「後から」iPhoneを接続すると、アプリで状態が確認できる機能があります。後から接続、というところがポイントですね。

接続には結構時間がかかったりします。色々ゴニョゴニョやってるのかな?

 

f:id:tmiyahar:20200904173029p:plain

LDAC、DSEE Extreme、バッテリー残量など

 

設定オンの場合

設定オンにすると、当然2台から接続できます。画面上部に何で接続しているか表示されます。LDACからSBCに落ちちゃうのね。

 

f:id:tmiyahar:20200904173204p:plain

SBC接続になってしまいました

 

NW-WM1Aで再生を止めて、iPhoneでの再生をしてみます。

 

f:id:tmiyahar:20200904173236p:plain

iPhoneからはAAC接続。同じ曲を再生したのは分かりにくかったか。

 

切り替えですが、何も再生していない状態から再生を始めると、そちらからの音が再生されます。片方が再生していると割り込めません。

スマホ2台で、あるいはスマホとPCで接続などの使い方ならいいですが、LDAC接続が使えなくなるのはちょっと使いにくいかな〜、という感じです。もしチップの制約だとすると、アップデートで改善は望めないですね。