読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮原徹の日々雑感

渋谷で仮想化している社長の日記です

ライカM10を触ってきた

カメラ

ライカ京都で「ライカM10トークショーとタッチ&トライ」というイベントがあると聞いて、ちょうど京都に居るじゃん!ということで参加してきました。

ライカ京都は花見小路の町屋を改装して店舗にしている、ユニークなお店です。入口に暖簾がかかっているのだけど、ここに赤丸のライカロゴが入っていたり、でも外からはカメラ屋には見えません。

河田一規さんのトークショーは、ライカ本社でのライカM10の発表イベントの様子など、なかなか面白いお話が聞けました。

その後、ライカM10に触れられたのですが、質感は凄く良く、また今回ボディーが薄くなったのでホールディングもしやすいです。

f:id:tmiyahar:20170129193320j:plain

ただ、事前の評判なども聞いて買う気満々だったのですが、レンジファインダーでのピント合わせがどうも私には合わないみたい。店内が暗かったせいもあるかもしれないけど、すなわち暗いところでの撮影が大変ということです。

では、ライブビューを使うかというと、それだとレンジファインダーの意味が無くなってしまうし、外付けEVFを取り付けると、なんとシャッター速度の指標やダイヤル上の速度表示の文字が読めなくなってしまいます。デザインもイマイチになってしまうし。

普段使っているPEN-FのEVFに慣れてしまっているからかもしれませんが、もしライカM10がEVFだったら買ってしまっていたかもしれません。

いつかはライカ。そう想い続けている方がいいのかもしれないですね。