宮原徹の日々雑感

渋谷で仮想化している社長の日記です

Kindle Unlimitedの悪い所と良い所

私はKindle Unlimitedが開始した直後から、現在でも毎月1000円足らずを支払い続けています。多くの人が最初の無料期間が終わる前に解約したり、講談社などの書籍引き上げ騒ぎを横目に見たりしていたと思いますが、今まで淡々と使ってきています。

実際、いつから開始だったかとか覚えていないし、調べるのも面倒なのですが、今まで使ってきた感想を書いておこうと思います。

まず、読んでくれる人の時間を無駄にしないよう、悪い所を先に書いておきましょう。

読みたい本を見つけるのが死ぬほど大変

これは、できるだけKindle Unlimitedを使わせないような作為が働いているのではないかと思うぐらい、本を見つけるのが大変です。

そもそも、最初の頃はKindle Unlimitedへの入口は比較的分かりにくかったのですが、サービス開始後しばらく経つと入口は隠されるようになり、わざわざ隠れページのようになったメインページをブックマークしたぐらいです。

最近では、さらにそのメインページからカテゴリー別のリンクがなくなり、適当なおすすめが表示されるだけになりました。以前は「雑誌」などの主だったリンクが画像で表示されていたのに。

読みたいと思える本が少なすぎる

とにかく、ゴミみたいな本が多すぎます。Amazonが個人の電子出版を推進しているせいか、とにかくゴミばかり。

これがまた、読みたい本を見つけるためのノイズとして、相乗効果を上げています。

あと、いいなと思って読んでいると、続刊は読み放題ではない、と知ったときの絶望感もハンパ無いです。Freemiumバンザイなのでしょう。

大画面必須

書籍ラインナップと関連しますが、電子書籍として読みたい小説などでまともなものが少なすぎます。そのため、リフローでは読めるものは絶望的にありません。

よく読む物は雑誌など取り込んだだけのものに限られてきます。これらの雑誌を普通に読むにはiPar Pro 12インチクラスのサイズのタブレットが欲しいです。私はそうしています。

iPad Air 2の10インチでは読めなくはないですが、正直しんどいです。まったくお勧めできません。

Kindle Paperwhiteにいたっては絶望的で、昨日机の上に放置されていたのを発掘したら、バッテリーが切れていました。

続けて読めない

小説やコミックスなら、1巻を読み終わったら2巻を続けて読んだり、まとめ読みしたりしたいものですが、そういう基本的な機能が実装されていません。一応、関連書籍みたいな感じで出るのですが、なぜか出版順にソートされていたり、続刊はこれ、という形では出してくれません。

さらに、たまにコミックスなどが一気にKindle Unlimitedに入ると、リストが一気にそのタイトルで埋め尽くされて、読みたい本が見つけられなくなります。もちろん、ソートされていません。

また、雑誌など定期的に読んでいるものが新しくリリースされたら教えてくれるという機能もありません。自然と発売日を覚えるようになり、なんだか本屋さんによく行っていた頃に戻った気がします。これはこれでアリだとは思いますけどね。ちなみに、雑誌は20日とか29日あたりに発売されることが多いみたいです。

たった一つの良い所

月額定額である点です。つまり、上記の諸々をクリアーして、それでも、月1000円弱出してでも読んで元が取れるものがあるのなら、Kindle Unlimitedは契約してもいいでしょう。

私の場合、以下の雑誌を読むことで、まあまあ元が取れています。

  • CAPA(写真雑誌)
  • デジキャパ(写真雑誌)
  • ニューズウィーク日本語版(雑誌)
  • Mac Fan(コンピューター雑誌)

これら以外の書籍も、たまーに見つけたら読んだりしています。オーディオ関係とかね。でも、雑誌っぽいものが多いです。

それでも、これらもやはりiPad Proという大画面・高精細なタブレットがあってこそだと思いますので、その購入コストを考えると、元を取るのはなかなか大変な気もします。

そういえば、読んでいた『デジタルカメラマガジン』も、気がついたら去年の12月ぐらいから読み放題ではなくなっていました。気がついたら撤退。これは他の雑誌でも可能性はあります。そして一方で、読みたいと思える雑誌が加わってくることは今のところはありません。もちろん、他のジャンルも・・

鳴り物入りで始まったKindle Unlimitedですが、今後のなりゆきを注目したいですね(なり注締め)。

ライカM10を触ってきた

ライカ京都で「ライカM10トークショーとタッチ&トライ」というイベントがあると聞いて、ちょうど京都に居るじゃん!ということで参加してきました。

ライカ京都は花見小路の町屋を改装して店舗にしている、ユニークなお店です。入口に暖簾がかかっているのだけど、ここに赤丸のライカロゴが入っていたり、でも外からはカメラ屋には見えません。

河田一規さんのトークショーは、ライカ本社でのライカM10の発表イベントの様子など、なかなか面白いお話が聞けました。

その後、ライカM10に触れられたのですが、質感は凄く良く、また今回ボディーが薄くなったのでホールディングもしやすいです。

f:id:tmiyahar:20170129193320j:plain

ただ、事前の評判なども聞いて買う気満々だったのですが、レンジファインダーでのピント合わせがどうも私には合わないみたい。店内が暗かったせいもあるかもしれないけど、すなわち暗いところでの撮影が大変ということです。

では、ライブビューを使うかというと、それだとレンジファインダーの意味が無くなってしまうし、外付けEVFを取り付けると、なんとシャッター速度の指標やダイヤル上の速度表示の文字が読めなくなってしまいます。デザインもイマイチになってしまうし。

普段使っているPEN-FのEVFに慣れてしまっているからかもしれませんが、もしライカM10がEVFだったら買ってしまっていたかもしれません。

いつかはライカ。そう想い続けている方がいいのかもしれないですね。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROを試し撮り

先日購入したM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROを初投入したので、写真を見つつインプレッションなど。

このレンズ、思ったよりも大きいので、普段愛用しているPEN-Fだとバランスが悪いので、今回はOM-DE-M5 Mark IIと組み合わせてみました。

f:id:tmiyahar:20170129192006j:plain

まず、仕事の後、御堂筋をブラブラと歩きながら、スナップ的に。まずは建物です。

f:id:tmiyahar:20170129185746j:plain

f:id:tmiyahar:20170129185806j:plain

f:id:tmiyahar:20170129185810j:plain

カリッとした写りで、かなり好みです。元々パナソニックからオリンパスに乗り換えた理由の一つが写りのシャープさを、ということだったので、かなり満足いく写りですね。

 

次に、御堂筋の歩道に並んでいる彫刻を何枚か。

f:id:tmiyahar:20170129190118j:plain

f:id:tmiyahar:20170129190145j:plain

f:id:tmiyahar:20170129190303j:plain

背景がビルや車でうるさかったので、整理するためにややマクロ気味な使い方をしてみましたがどうでしょうか?金属の質感もいい良く出ているかと思います。

 

f:id:tmiyahar:20170129190512j:plain

f:id:tmiyahar:20170129190600j:plain

どちらかというと無機物向きかな?と思っていましたが、風景などにもいけそうです。

 

12-100mm(35ミリ換算で24-200mm)と焦点距離の幅広さはありますが、意外と中間ぐらいの焦点距離は使わない感じでした。テレ側に廻すとかなりレンズがせり出しますが、バランスとしてはあまり気にならない感じ。

今回はOM-DE-M5 Mark IIにバッテリーパックも付けていましたが、重さもそれほど気にはならなかったので、今後は軽くしたい時はPEN-F、しっかりとした機材にしたい時はこのレンズを中心にシステムを組むことになりそうです。

PROレンズということで、お値段は若干張りますが、満足度が高いレンズであることには間違いないですね。

今日は株式会社びぎねっとの16周年記念日でした

私は日本仮想化技術株式会社と株式会社びぎねっと、両方の代表取締役社長兼CEOということになっておりますが、今日は株式会社びぎねっとの16周年記念日でした。

いつものように、ケーキとシャンパンでお祝いをしましたが、さすがにこれぐらい経つと意外とあっさりとしたものですね。

f:id:tmiyahar:20170124220040j:plain

特に書くこともないので、社史を貼っておきましょう。

---

びぎねっと 16年のあゆみ

2001年1月24日 株式会社びぎねっと 設立登記完了
2001年3月1日 社長日記「びぎねっと社長室」開始
---
皆さん、こんにちは。びぎねっとの代表を務めております、「み。」こと宮原 徹です。これから毎日(!)、コラムを書いていきたいと思いますので、よろしくお付き合いください。

本日、なんとかびぎねっとのサイトをオープンにこぎつけることができました。楽しみにしていてくれた皆様、大変お待たせしました。

メーリングリストも同時スタートに漕ぎつけたかったのですが、メーリングリストソフトfmlの新バージョン4.0の新機能で、バックエンドをデータベースにするという機能を利用するために若干調整の時間をもらえればと思います。新機能ですので、まだそれほど運用実績もないでしょうから、この成果を皆さんにフィードバックできればと思っています。

さて、びぎねっとの理念、なんてものを語ろうとするとちょっと堅苦しくなってしまいますが、世の中にはまだまだLinuxやオープンソースの楽しさとか、便利さとか、そういったものを知らない人が沢山いるのではないかと。そういう人たちにもっともっと知ってもらうために、きっかけをつくろう、敷居を下げよう、そのためにはどうすればいいかを考える「場」を作ること。これがびぎねっとの理念であり、使命であると思っています。ただ何分、理屈を理詰めで考えるよりも先に体が動いてしまう性分ですので、とにかく会社を作ってしまってスタートを切ることにしてしまったというのが事の顛末です。

びぎねっとは「場」ですから、参加されている皆さんが快適に便利に過ごしていただけるようサービスをするのが使命です。より良いサービスのためには、皆さんからの率直なご意見が何よりも大事です。そのために我々は常にオープンでいたいと思っています。「オープンサービス」ですね。びぎねっとで何が起きているかはメーリングリストやコンテンツ、様々なセミナーやこのようなコラムで逐一ご紹介していきたいと思っています。それらに対して皆さんの思われることをどんどん我々に伝えていただき、皆さんにこのびぎねっとという新しい「場」を育てていただければと思います。

自由に、オープンに。
そして。
合言葉は「幸せになろう」
---

2001年3月23日 「全国縦断オープンソースセミナー2001」大阪会場で開催
2001年3月30日 「全国縦断オープンソースセミナー2001」福岡会場で開催
2001年4月13日 「全国縦断オープンソースセミナー2001」札幌会場で開催
2001年4月23日 「全国縦断オープンソースセミナー2001」東京会場で開催。
              のべ500名以上ご参加
2001年5月28日 Linus Torvalds氏来日に合わせてインタビュー。
2001年5月30日・31日 LinuxWorld Expo/Tokyoに出展。看護婦さんコスプレで
                    話題になる。
2001年6月11日 メーリングリスト開始
2001年7月2日  オフィスをWebビルディング5Fから6Fに引っ越し
2001年7月24日 Web Developers Conference開催
2001年9月     HPとCOMPAQが合併
2001年9月17日 Linux 10周年
2001年11月1日 Webサイト リニューアル

2002年1月18日 びぎねっと大阪セミナー
2002年1月21日 びぎねっと福岡セミナー
2002年1月25日 びぎねっと東京セミナー
2002年3月     グループウェア「iOffice」導入
2002年3月15日 近所のスターバックス開店
2002年3月25日 「ADSLによるLinuxインターネットサーバー構築ガイド」発行
2002年4月1日  液晶モニター導入
2002年6月     ワールドカップが始まり、開店休業状態に。韓国遠征含めて、
              11試合観戦。
2002年8月1日  液晶プロジェクタを導入
2002年8月25日 オフィスをニューハイツ青山10Fに移転
2002年10月4日 Zope入門セミナー開催
2002年10月9日 びぎねっとラボ開始
2002年12月    Postfixセミナー@福岡開催

2003年1月17日 Postfixセミナー@東京開催
2003年1月24日 Postfixセミナー@札幌開催
2003年2月3日  有償会員サービス「Bふれんず」募集開始
2003年8月10日 3日間ぶっ続けのサマーセミナー開催
2003年12月    iBook G4が導入される。Mac標準化の先駆け。

2004年5月11日 オープンラボ開始
2004年8月     全国縦断セミナーを開催予告(記録無し)
2004年9月     オープンソースカンファレンス 第1回目を開催

2005年4月     びぎねっと 技術部設置
2005年5月     WebサイトをXOOPSベースに移行
2005年5月     初めての未踏ユース プロジェクト管理組織
2005年6月     9Fオフィスを追加。トレーニングルームにする
2005年7月     50インチプラズマディスプレー導入
2005年7月12日 旭山銀次郎相談役入社

2006年1月28日 仮想化技術セミナー開催
2006年7月     カラーレーザープリンタ導入
2006年7月28日 2回目の仮想化技術セミナー開催
2006年12月26日 日本仮想化技術株式会社設立

2008年3月     7Fオフィスを追加。マシンルームにする
2008年10月    宮原がIPA「日本OSS貢献者賞」受賞

2009年2月     オフィス統合し、10Fと7Fの2部屋体制に移行
2009年10月    宮原が日中韓OSSアワード 「特別貢献賞」受賞
2010年9月     オープンソースカンファレンス 50回開催
2010年12月    スタッフが10名に
2011年1月24日 設立10周年を迎える
2012年5月11日 日本仮想化技術株式会社 2000万円に増資
2012年5月21日 新オフィスへ移転(東京都渋谷区渋谷1-8-1 第3西青山ビル8F)
2014年2月     オープンソースカンファレンス 100回開催
2014年9月     オープンソースカンファレンス 10周年

USBと音質に関するオカルト

AVウォッチに、例のパイオニアの音質向上させる謎のデバイスの記事がアップされていた。av.watch.impress.co.jp

内容は読んでいただくとして、試聴してみた感想が面白い。

正直に言ってしまうと、圧縮音源でもハイレゾ音源でも違いが分からなった。

言われてみると、なんとなく違うような気はした。

こちらも正直なところ、違いが分からなかったのは残念だった。

まあ、そうですよね〜。正直すぎて、大変好感が持てます。

確かに、PCのUSBポートからは電源ノイズが結構出ていて、DigiFi No.22特別付録のヘッドフォンアンプにPCからUSB給電すると、盛大にノイズが乗っていることが確認できます。でも、別途ACアダプタから給電すればスッと消えます。クリーン電源でも何でもありません。

しかし、以下の文章はフォローなのか、皮肉なのか分からないですね。

ただ、多くの人たちが絶賛しているのだから、環境によってはもっと大きな変化をもたらすケースがあるはずだと思うが、効果があるかどうかは、PC環境やオーディオ環境、また聴く音楽や聴く人のリスニング能力によって違いはありそうだ。

大きな変化をもたらすような環境って、根本的に何か問題があるのではないかと、そう思うわけです。