宮原徹の日々雑感

渋谷で仮想化している社長の日記です

Volumioでラズパイオーディオ

今日は某雑誌からご依頼をいただいたので、Raspberry Piでハイレゾオーディオを再生するための環境作りをして、手順を原稿として執筆しておりました。

自宅のラズパイオーディオ環境はRaspberry Pi 2にRuneAudioをインストールして、楽曲データファイルはNASに入れているのですが、ページ数の制約もあり、できるだけ簡単に書くためにRaspberry Pi 3+Volumio+USBメモリ、少しNASという展開に。

実はVolumioをしっかりと触るのは初めてなんですが、RuneAudioと比べて感じたことを少し書き留めておきます。

HotSpotモードが便利

まず、パッと使うだけならHotSpotモードが便利ということ。Raspberry Pi 3の無線LANがアドホックモードで動作し、スマートフォン・タブレットから直接アクセスできます。アクセスすると、公衆無線LANによくある認証画面に飛ばされたと思うと、この段階でVolumioの操作画面が表示されます。

f:id:tmiyahar:20170121193436j:plain

この状態でも有線LANは別途使えますから、NAS接続は有線LAN側でやれば簡単にネットワークオーディオプレイヤーになりそうです。

f:id:tmiyahar:20170121194110j:plain

NAS接続が簡単

NASへの接続ですが、きちんとネットワーク内をブラウジングして、Windowsファイル共有を行っているNASを見つけてきてくれます。共有も選択するだけで済みます。

f:id:tmiyahar:20170121194534j:plain

RunAudioだと自分でNASの情報をあれこれ入れないといけないので、そこそこ知識が必要です。

カバーアート表示がきちんとできない(ことがある)

逆にVolumioがイマイチなのがカバーアートが正しく楽曲データファイルから取り出せない場合があることです。

アルバムカバーアートであれば、フォルダ内にfolder.jpg、あるいはcover.jpgを置いておけば表示してくれるのですが、FLAC形式の場合にはいちいちカバーファイルを置くことは少ないと思うので、このあたりは改善して欲しいところです。RuneAudioではできてますしね。

f:id:tmiyahar:20170121193957j:plain

DSD再生がきちんとサポートされている

今回の検証はセットアップ中心だったのであまり詳細に検証していませんが、DSDのサポートもきちんとされています。開発段階ではDSD再生周りはあまり力を入れられていない様子だったのですが、Volumio 2正式版がリリースされたらいきなりDSDがしっかりサポートされているという。

設定を見るとDoPのON/OFFもあるので、DoPではないネイティブ転送もサポートされているのかな?ネイティブDSDとDoPの違いをオーディオオカルト的に追求しない限り、現状のDSDデータはせいぜいDSD256(11.2MHz)ぐらいですから、違いをあまり気にしないでもいいように思います。

ここはあらためて検証したいと思います。DSD512のサンプルデータとかどこかに転がってないかな・・

VolumioとRuneAudio、どっちを使う?

まだ基本的な部分しか触っていませんが、Volumioはなかなかよくできている印象です。ただ、ちょっと痒いところに手が届かない印象もありました。使いやすさ、とっつきやすさを優先している感じとでもいえばいいでしょうか。

RuneAudioは無骨なところもありますが、思ったことは大体できる良さがあります。ただし、使いこなすにはそれなりに知識や試行錯誤が必要なところ。

というわけで、私自身はRuneAudioを使い続けるかな。

 

sshdとGoogle Authenticatorの話

突然だがSSHが好きである。

多分、ITエンジニアで、LinuxサーバーにSSHでリモートログインする必要がある人なら、みんなSSHが好きに違いない。vi派もEMACS派も、分け隔て無くSSHが好きであろう。

さて、SSHが好きといっても、単にパスワード認証で接続している人がいるかもしれないが、総当たり攻撃を仕掛けてくださいと言っているようなものなので、早急に公開鍵認証ぐらいは設定すべきだろう。設定の仕方がよく分からんという方は、私がディレクターとして編集、執筆した『Linuxシステム管理標準教科書』をダウンロードして勉強してください。

もう少しセキュリティを高めたい時は、2要素認証をお勧めしたい。公開鍵認証に、さらにGoogle Authenticatorを使ったワンタイムパスワード認証を絡めて認証を行う方法だ。

方法については、以前私自身がエントリーを書いたが、最近ブロードバンドタワーの國武さんがエントリーを書かれたのでリンクしておきたい。内容は概ね一緒だが、少し追加の情報も入っているし、最近の環境で試されているという意味でも重要だろう。

難点は、OpenSSHサーバーのバージョンが新しくないとダメなところか。CentOS 7はいけるけど、他のディストリビューションはどうなんだろう?しっかりと使えるようになるには、もう少し時間が必要なのかもしれない。

そういう意味では、新しいOpenSSHでサポートされている、楕円鍵暗号とか、ECDSAなんかも楽しそうだけれども、まだ試すことができていない。これも早めにあれこれ遊んでみたいところである。

ライカM10が発表になりましたね

以前から噂の出ていた「ライカM10」が発表になりましたね。

これまでもMマウントが装着できるデジタルカメラは出ていましたが、M10の特長はなんといってもスリム化が進められたことでしょうか。

公式ページにライカM4と比較されている写真がアップされていますが、かなりスリムになったことが分かります。

また、各種設定をダイヤルで設定できること、ボディ背面がとてもスッキリしていることなども、銀塩カメラで撮っていた私などからすると、とても嬉しいデザインです。

現在、私のメインカメラはオリンパスPEN-Fですが、マイクロフォーサーズなので広角側にやや無理があります。特に過去の資産を活かそうとすると、どれもこれも画角が焦点距離2倍相当になってしまうのですよね。もちろん、それはそれでいいのですが。

ライカM10、撮る楽しみを何倍にも増幅してくれそうなカメラです。これはヤバイですね。いつかはライカと思っていましたが、このあたりで年貢の納め時かもしれません。

ちなみにお値段は6500ユーロ。日本では85万円で2月発売とか。

デジタルオーディオが面白い

ここ1年ぐらいで変わったと思うのが、デジタルオーディオ関係であれこれやっていること。

元々、オーディオのようなものは好きだったのだけれども、これといった軸が無く、なんとなくあれこれやっている感じだった。しかしある日、チョコチョコと使っていたUSBオーディオインターフェースに手持ちのイヤホン(iPhoneのマイク機能付き)を繋いだところ、「L側の音が出ない?」。

色々確かめてみると、どうもイヤホン側のコネクタが4極(普通は3極だが、マイクのため1極多い)になっていて、そのせいかどうか接触不良のよう。指で強く押し込むと接触不良が解消されるのだが、もちろん使い物にならない。

トラブルが起きると解決したくなるのがエンジニア魂。結局、新しいイヤホンを購入することにし、聴いているともう少し良いヘッドフォンが欲しくなり、さらにそのヘッドフォンをいい音で鳴らすためのUSB DACが欲しくなり。そして坂を転げ落ちるように「沼」にはまるお約束のコース。

さらにそこに「Raspberry Pi」という楽しいものが絡んできて、楽しいデジタルオーディオ生活が始まったわけです。このあたりのネタはかなり溜まっているので、バッドノウハウも含めて、今後このブログであれこれ書いていくつもりです。

久しぶりにブログを再開することにしました

宮原です。

渋谷で「株式会社びぎねっと」というマーケティングやITエンジニア教育を行っている会社と、「日本仮想化技術株式会社」という仮想化・クラウド・DevOpsなどの技術コンサルティング、サポートをしている会社の社長をしています。

昔は「びぎねっと社長室」というタイトルで沢山日記(ブログという言葉で出る前だったので)を書いていましたが、いつからか書くのを止めてしまいました。多分、きっかけは忙しくなったりとか、世の中がSNS中心になったりとか、そのあたりが理由だと思います。

さて、最近色々と自分に蓄積されているネタが多くなってきたのですが、これをアウトプットする機会があまり無い事に気がつきました。Facebookなどには日々書いているのですが、友達が多いとはいえ、どこまで行っても内輪という感じです。そこで、少しずつでもいいのでブログとして情報発信をしていこうかと思います。

テーマですが、今のところ以下のような内容になるかなと思っています。

・小さい会社を経営するということについて
・仕事論
・スキルを高めるには
・趣味の話(カメラ、オーディオ、旅行)

まあ、ゆるゆると書いていきたいと思います。